学習者が     英語に自信を      持てるように

ピアソンは、学習者が
英語力に自信を持てるようサポートします。

ピアソンが選ばれる理由

Mondly by Pearsonで学習者のスピーキングスキルを高める

外出先でもアクセスできる高度な音声認識と没入型AI会話を特徴とする500分以上のスピーキング練習で、学習者の自信を高めます。

Mondly by Pearson詳しく見る

Pearson English Connect

教室の内外で英語教育をサポートする、最先端のデジタルプラットフォームをご覧ください。

「Pearson English Connect (PEC)を採用し、学生たちが楽しみながら英語力を
上達させていることで、PECは私たちのビジネスに付加価値をもたらしています。
学生たちも、デジタルメモ機能、素早くスコアが出るアクティビティ、
学習内容の保存機能などが備わっているPECを気に入っています。
投票の結果、オンラインのみならず対面授業でもPECを使い続けることに決定。
対面授業に戻っても、パソコンを持って授業に参加するようになるでしょう。」
Guadalupe Salazar, Pedagogical Manager, Academia Education

Pearson English Readersが学習者を刺激し、スキルを高める

Lexile Global Framework for readingと Global Scale of English を合わせることで、Pearson English Readersは、学習者のスキル向上に最適です。

あなたの学習者に合った Readers を見つける

レクシルのロゴ

 

 

ピアソンのコミュニティには何百万人もの熱心な学習者がいます

コミュニティのインサイトを読んでください。
  • ノートパソコンを目の前にして笑いながら一緒に作業する学生たち

    教室内のアクティビティで生徒の語彙力と記憶力を向上させる

    投稿者 Vaughan Jones

    所要時間: 約6分

    Vaughan Jones は、EFLの講師、トレーナー、著者として30年以上の経験を持っています。フランス、日本、スペインに住み、働いた経験があり、高等学校向けの英語教材シリーズ「Focus」など、多くのコースブックの制作に携わってきました。

    この投稿では、学生が語彙を覚える能力を向上させるために役立つ語学の先生向けのヒントとテクニックをいくつか紹介します。 

  • ポストイット紙でいっぱいの壁を指差すビジネスウーマン

    目標設定のコツ

    投稿者 Ken Beatty

    所要時間:約 4 分

    Ken Beatty 博士は、目標を定義し、なぜ目標を固定されたものではなく、ドアと考えるべきなのかを説明しています。

    ドアとしての目標

    長男のネイサンは、ごみ収集車の運転手になるという人生最大の目標を達成できませんでした。驚くことではありませんが、当時彼はまだ4歳でした。彼の野心は、ごみ収集車が時々悪臭を放つことに気づいたときに消えたのでしょう。それまでは、アパートの窓から観察することがほとんどでした。

    多くの人がそうであるように、彼の目標も変わりました。国際経済学の学位を取得し、テクノロジー系のスタートアップ企業で働きながら、自分で会社を設立することを望んでいます。あるいは、そうではないかもしれない。目標は進化するからです。

    研究者や先生は、目標が一般教育や語学学習において極めて重要な動機であることを何十年も前から知っていました。800+の研究を調べた後、Hattie (2009)は、学生の成功を改善するための最も強力な教育的介入の一つとして目標を特定しました。

    基本的なメッセージは、目標は良いものだということです。しかし、他の研究者(Rowe, Mazzotti, Ingram, & Lee, 2017)は、先生が授業にそれらを埋め込むのに苦労していることを示唆しています。

    問題の一部は、目標を視覚化する方法を見つけることにあるかもしれません。ゴールはアーチェリーの的やサッカーのネットに例えられることが多いですが、より便利な比喩はドアです。目標があるとき、まるでそれが部屋であるかのように、目標の中に入るまで、私たちはそれを完全に理解できないかもしれません、必然的に別の方向に通じる他のドアの選択肢を見つけます。

    目標がどこから来るのかを理解する

    学生の目標設定を始める前に、ある程度の自己認識を持ち、自分の態度や考えがどこから来ているのかを理解することが重要です。

    先生として、私たちは最もインスピレーションを与えてくれた人々に似ている傾向があります。良い先生も悪い先生も、教えることや語学学習の目標に対する私たちの態度を形作ります。

    好きな先生は誰でしたか? 私の場合、一番好きな先生は、1970年に7年生を教えてくれて、もうすぐ定年を迎えるチガ先生です。彼はルネッサンス期の男だった。背が低く、葉巻のような指をしたタフな彼は、時折、運動場から2階分の階段を上って教室まで案内してくれました。チガ先生は私と違って謙虚だったので、私はあとで知ったのだが、その手は趣味のヴァイオリン作りには十分な繊細さを持ってたのです。

    チガ先生は文学を愛し、ギリシャ・ローマの歴史を私たちに教えてくれました。彼の教育目標は、私自身の完璧な基盤になると思うでしょう。たぶん。しかし、年表をざっと見てみると、1970年に引退する予定だったとすれば、おそらく1905年生まれで、1925年頃に教員養成大学を卒業した可能性が高い。

    皮肉なことに、私の博士号はコンピュータ支援言語学習の分野ですが、私のお気に入りの先生はテレビが発明される2年前にキャリアをスタートさせており、しかも彼の先生は全員1800年代に生まれていたことになります。

    簡単に言うと、先生として、私たちは自分の教育と学習の目標がどこから来ているのかを振り返り、それらに疑問を投げかける必要があります。また、最も嫌いな先生がしたことは避ける必要があります。

    目標設定

    私たちが学生に設定する目標は、時として低すぎるのだろうか?間違いなくそうだ。

    11年生のとき、私の人生の唯一の野望は、2年間の写真技術者コースを受講することでした。カウンセラーは、私には学力が足りないと言って私を落胆させ、代わりに製材所での仕事を提案しました。ある意味、彼は扉を閉めた。

    私は転校し、もう一人のお気に入りの先生であるファーガソン先生が、放課後6週間辛抱強く私を預かり、エッセイの書き方、ひいては考え方を教えてくれました。彼は私の前に大学教育のモチベーションをぶら下げ、私をそこへの道に導いてくれました。そして、それは扉が開いたのです。

    では、ここでの教訓は何でしょうか?目標がどこから来るのかを知るだけでなく、目標設定の力と、それが特定の学生の人生の軌道をどのように劇的に変えることができるかについても認識する必要があります。

    ドアを開けるのではなく閉めると、成長が妨げられ、可能性が限られてしまうことがよくあります。それは、学生が自分自身について「数学が苦手」、「個人旅行には向いていない」など、真実ではない生涯にわたる仮定を形成することさえあります。しかし、扉を開くことで、学生たちは人生に対するまったく新しい視点を得ることができます。

    目標が変わることを期待する

    目標の変更に関しては、自己意識の向上など、考慮すべき多くの要因があります。私たちは多くの野心を持ってスタートするかもしれませんが、私たちは自分のスキルセットの現実に照らして自分自身を評価し、目標を修正します。

     

    たとえば、英語で多くの成功を収めた学生は、それを必要とするキャリアを検討する可能性が高くなります。先生もまた、「あなたはとても上手に書く。ジャーナリズムのキャリアを考えたことはありますか?」

    今日、数え切れないほどの仕事に第二言語が必要になったり、2つ以上の言語を話す学生により良い昇進の機会を提供したりします。しかし、就職機会を志向する学生は、特定の仕事が視野に入っていない場合、第二言語を学ぶことの長期的な利点を理解するのが難しいかもしれません。

    このことから、次の 2 つの疑問が浮かび上がります。

    • 先生が自分で設定できるように支援すべきことは何ですか?
    • また、先生はそれらをどのように提案すべきですか?

    多くの目標は、私たちの職業を支配する教育基準に基づいています。特に この Global Scale of English (GSE)は、教科書の執筆者と先生の双方にとって、言語の目標を特定するのに役立ち、先生はそれらを達成するための詳細なステップを提供します。

    しかし、そのような基準の先には、先生が言語学習者と共有する2つの魔法の要素、 つまり喜びモチベーションがあります。

    先生は模範を示して学習の喜びを広め、語学学習を魅力的で楽しいものにします。また、先生は学生のモチベーションを高め 、学生が個人的な目標を特定できるように支援し、言語能力が一般的に価値があるだけでなく、将来の成功への鍵の1つである理由を学生に与えます。

    ごみ収集車を運転する仕事に繋がるかもしれません。

  • 教室の前で、付箋紙が貼られたホワイトボードの前に教師が立ち、生徒たちに話しかけていた

    英語教師におすすめの英国文学6選

    投稿者 Anna Roslaniec

    学んでいる言語の文脈をより深く理解できるよう、文化的な洞察を生徒と共有することは素晴らしいことです。ですが、有り余る時間とお金がなければ、英語圏の国に旅行して、生活がどのようなものかを直接体験するのは難しいでしょう。

    でも、もしソファに座りながらイギリスの歴史、習慣、文化について学べるとしたらどうでしょうか?

    19世紀のロンドンの暗い石畳の通りや、イングランド北部の工業都市、サリー州の田舎の村に一瞬で旅することができるのです。

    今回は、英国を舞台にし、過去と現在の英国の生活の文化的、歴史的、社会的側面を学べる6つの文学作品をご紹介します。

    ゆったり座ってリラックスしてください。私たちが、あなたを冒険にお連れします。

    1. エマ

    ジェイン・オースティン(1775-1817)

    知的で美しい女性エマが主人公のこの物語は、1815年の終わりに出版されました。この本は、ハイベリーと呼ばれる架空の村(魅力的なサリー州にあります)を舞台に、ロマンス、社会階級、女性のエンパワーメントなどのテーマを扱っています。

    エマは社交的で、人々の幸せを喜びと感じる人物です。彼女は友人同士の縁談をまとめることに奔走しますが、時々ミスをしてしまいます。彼女のミスは、人々を怒らせてしまうのでしょうか?そして、彼女は自らの愛を見つけられるのでしょうか?

    2. ドリアン・グレイの肖像

    オスカー・ワイルド (1854-1900)

    1890年に初版が出版されたこの哲学的でありながら超自然的なスリラーは、嘘や秘密、謎に満ちています。物語は、主人公のドリアン・グレイを中心に展開します。彼は祖父から財産を相続してロンドンに旅行し、すぐに新しい友達を作ります。そのうちの一人がドリアンの肖像画を描きます。その絵を見たドリアンは、絵に描かれているように若くて魅力的なままでいるために、自分の魂さえも捧げたいという危険な願いを抱きます。

    やがて、物事がうまくいかなくなり、彼の人生は制御不能になります。しかし、彼は年だけは取らない様子。その恐ろしい秘密は、屋根裏部屋に隠されているようです。それが一体、何なのか?ヴィクトリア朝時代にタイムスリップし、このハンサムで快楽主義的な青年の目を通して、当時のロンドンを覗いてみましょう。

    3. ミドルマーチ

    メアリー・アン・エヴァンス(1819-1880)

    メアリーが、ペンネームのジョージ・エリオットとして書かれたこのリアリズムの作品は、1871年から1872年の間に8回に分けて初版が出版されました。1829年から1832年にかけてのミッドランズの架空の町ミドルマーチを舞台にしたこの物語は、科学と発見を描いています。中心となるのは、世界を変えることを決意した若い女性ドロテアと、科学の先駆者になりたい野心家の男リドゲイト博士。二人とも結婚はしているが、結婚生活は、それぞれうまくいってはいない。

    果たして、彼らは幸せになれるのか?夢を叶えることができるのか?本書の中心的なテーマは、主人公2人の結婚ですが、1832年の改革法、鉄道の始まり、ジョージ4世の死など多くの歴史的言及があり、歴史や地方の生活に興味のある人には興味深い物語となっています。 

    4. フォー・ウェディング

    リチャード・カーティス(1956年生まれ)

    英国のより現代的な習慣や文化について知りたい方は、英国で最も愉快で人気のある映画の1つを書籍化したこの作品をおすすめします。1994年に公開された『Four Weddings and a Funeral』は、チャールズ(映画ではヒュー・グラントが演じている)という魅力的な男性を描いています。

    ある日、彼は友人の結婚式でキャリーという美しい女性と出会います。残念ながら、彼女は英国に留まることなく米国に帰国しますが、彼らは偶然の出会いを重ねます。2人の関係は、どうなっていくのでしょうか。 このロマンチック・コメディをとおして、英国の社交界の裏表を発見しましょう。 

    5. 北と南

    エリザベス・ギャスケル(1810-1865)

    1855年に出版された『北と南』は、マーガレット・ヘイルという若い女性が、両親とともにイングランド南部の田舎町から北部のミルトンという工業都市に移り住む物語です。そこで彼女はソーントン氏という裕福な工場主と出会い、彼女は彼を嫌いますが、彼は一目で彼女に恋をします。

    ミルトンにいる間、彼女は雇用主と労働者が絶えず衝突する工場で働くのがどのようなものかを目の当たりにします。労働者がストライキに突入する中、ソーントン氏はマーガレットを振り向かせることができるでしょうか?この複雑で刺激的な物語は、産業革命期の労働者階級の闘争を描いています。

    6. オリバー・ツイスト

    チャールズ・ディケンズ(1812-1870)

    1832年に出版された『オリバー・ツイスト』は、ディケンズの2作目の小説です。この物語は、私たち全員が同情してしまう幼い孤児の物語です。オリバーは救貧院で育ち、殴られ、飢え、ひどい扱いを受けます。面倒を見てくれる両親がいないため、彼はロンドンに逃げることを決意し、そこで泥棒のギャングに加わります。

    彼の新しい仲間は彼を見守りますが、彼らはオリバーを危険と犯罪の生活から守ることができるのでしょうか?英国の首都の暗黒面を興味深い視点で描いた『オリバー・ツイスト』は、映画、ミュージカル、テレビ番組で現在も人気を博しています。

    本からインスピレーションを得て、レッスンの幅を広げてみませんか?

    世界で最も愛されている作家の何人かをフィーチャーしたGraded Readersをご確認ください。

    ピアソンは、英語の古典小説をオーディオファイルと総合的な教師用リソースにアレンジしたReadersをご用意しています。授業で、生徒さんと一緒にご使用いただけます。 

無料の教育者向けウェビナーでスキルをレベルアップ

登録してライブに参加するか、今すぐ録画をご覧ください。
Woman online speaking
登壇者: Alex Li

このセッションでは、教育者が PTE Academic テストの受験者の発音と流暢な口頭表現に取り組む際に役立つ、実践的な練習問題、専門家によるヒント、個人に合わせたアプローチを紹介します。自然で流暢な口頭表現を身につけるためのサポートを提供することで、受験者が自信をもって正確にスピーキング・セクションを攻略できるようになります。

今すぐ登録

* 2022年1月から3月にかけて、英語教師と学習者、教育機関や企業の意思決定者を含む2,000人を超える回答者を対象としたLearner's Voiceに関するグローバルオンライン調査。