• 生徒が英語で自分の意見を言いたくなる3つの「コツ」

    EFLの教室では、生徒が英語で本当のコミュニケーションを行う機会を与えてあげることが大切です。本当のコミュニケーションとは、教科書のダイアログをAさん役とBさん役に分かれて読み合わせたり、暗記したりではなく、自分が本当に聞きたいことを相手に尋ね、本当に言いたいことを相手に伝える、という意味です。思わず聞いてみたくなる、思わず言いたくなるという気持ちが生徒に芽生え、会話を楽しむ、という状況は、どうすれば作り出すことができるでしょうか。

    私が最もおすすめしたい効果的な方法は、「生徒が英語で意見を述べ合うこと」です。なぜ意見交換がよいのでしょうか。意見交換は本物のコミュニケーションです。「ドリル」や「練習」とは違います。また、意見を述べるためには思考・判断力が必要で、生徒の知的レベルに合っています。それは言葉の深い習得にも繋がります。何よりも、生徒は自分の意見を伝え、他の人の意見を知ることが楽しいと言います。

    でも、英語で意見を述べるなんて難しい、と思われますか?いいえ、大丈夫です!適切な教材と指導法があれば、初級の生徒でさえ英語での意見の交換を楽しめます。私は日本の学校で長年教えていますが、日本の若者は意見を持たないとか、人と違う意見を言いたがらない、など、否定的な意見を聞くことがあります。でもそんな事はありません。日本の生徒は意見交換を楽しみます。人の意見を知りたいと思い、意外かもしれませんが、人と異なる意見を言うことをためらいません。

    ただし、生徒に自分の意見を言いたくさせるには、「コツ」が必要です。どのような「コツ」なのでしょうか?3つご紹介したいと思います。

        その1. 面白くて身近なトピックを選ぶ。
        その2. ユニークなスタンスで論点を示す
        その3. 生徒が苦労なく話せる工夫をする。

    具体的に見てみましょう。

    read more
  • 新学年の始めにぴったり!5つのスピーキングアクティビティ

    これから始まる新学年、新しいクラス、新しい生徒たちとの出会いが待っています。授業初日は、生徒たちと触れ合い、これからの方針を伝えるチャンス。1年の幸先の良いスタートを切る事が重要です。
    今回ご紹介する5つのスピーキングアクティビティは、生徒たちの関心や英語のレベルを探るのに役立つと同時に、生徒たちにとってもクラスメイトと交流して良い関係を築くきっかけとなり、快調なスタートを切ることができます。

    read more
  • 「Big」な質問から始めよう

    Go」という言葉から、どうやって生徒に興味を持たせられるだろうか —
    新しいトピックや課題を紹介しようというとき、どこの国の先生方も、そんな自問自答をすることでしょう。本記事のタイトルからお気づきかもしれませんが、今回のテーマは「質問のしかた」です。

    read more
  • 子どもにも学びが「見える」教え方

    現代社会では、睡眠の質から車の運転の技術に至るまで、生活のありとあらゆる側面を確認することができます。学校もこの例外ではなく、保護者から学校経営者、政府までが児童の学習状況について多大な関心を寄せています。

    生徒の学習進捗把握にこれまで以上の時間を割くことや報告書を書くこと、保護者を安心させることなど、多くの役割が期待され多忙を極める先生方も多いことでしょう。もちろん、上達を確認することは成功を讃えることに繋がり、ポジティブな効果があります。でも、私たちはこの中で最も大切な「子どもたち自身」を忘れていないでしょうか?

    read more
  • コースブック・CAN-DOリスト・ポジティブピアプレッシャーでプレゼンテーション能力の向上を図る

    私たちの高校は、文部科学省が行った平成29年度英語教育改善のための英語力調査において、読解、リスニング、ライティングの分野がほぼ全国平均スコアと横並びの状態です。ところが、英会話では全国平均が5.7(14点満点中)であるのに対し、本校のスコアは11.7を達成しました。非常に喜ばしい状況です。しかしながら、このスコアはいかにして達成されたのでしょうか?

    read more
  • 体験談:GSEを活用した迅速かつ柔軟性のあるカリキュラム構成

    教師はいつも多忙です – しかも、大規模な教育機関でさえ、フルタイムのカリキュラム作成専任スタッフがいることは稀です。所属する組織から教師が多数のクラスのカリキュラムを数ヶ月で作成するよう依頼されるケースも珍しくありません。教師には期限内に良質なプログラムを作成するというプレッシャーが重くのしかかります。これは、本校での私たちの経験そのものです。ですから、ピンポイントに各レベルの学習指標(CAN-DOリスト)が用意されているGSEを発見したとき私たちは本当に喜びました。関連性の高い良質なカリキュラムを素早く作成できるようになったからです。

    read more
  • 英語専攻ではない学生にとって英語を本物の(かつ魅力な)言語にするには

    私たちのほぼ全員が経験したことがあるのではないでしょうか。そう、英語専攻ではない学生のための必須クラスです。英語を特に必要としない専攻の生徒たち。特に英語が好きなわけではない生徒たち。

    私は今回そのような生徒のためのクラスを教科書のFind Someone Whoを使って始めました。生徒は立ち上がって歩き回りながら他の生徒に質問し、「Yes」と答えてくれる生徒を探します。ある生徒のお題は「Find someone who likes English(英語が好きな人を探そう)」でした。29人の生徒中、「Yes」と言ったのは1人だけ。28人は「No」と答えました!

    なるほど。つまり、生徒たちにとって英語が本物の言語であったことはこれまでに一度もない。アイデアを伝えるためのコミュニケーションツールであったこともない。いつも英語と言えばテスト、しかも苦手なテストだった。さあ、私はどうやって成功に導けばよいのでしょうか?

    今回の場合はそんなに難しくありませんでした。生徒たちは初等教育および幼児教育を専攻していました。そこで、私は英語のわらべ歌をクラスで取り上げることにしました。クラスの最初の10分間は、生徒たちが小学校や幼稚園の教諭になったときに活用できる内容を学習しました。クラスの大部分は教科書(English Firsthand Success、私のお気に入りです)を使って行いましたが、ウォームアップで導入した歌、指遊び、大型絵本の読み聞かせが、生徒の英語に対する姿勢を変えました。

    read more
  • テストが我々のカリキュラムにもたらした効果とは

    本記事は2018年7月28日に東京で開催され『CAN-DOと4技能評価の英語教育について考える』セミナーにおけるMatt Saunders先生のプレゼンテーションを書き起こしたものです。


    本校の現状 立命館アジア太平洋大学(APU)では、約6,000人の生徒が学んでおり、その内の半数が日本人生徒、それ以外は留学生であり、約89ヵ国からの留学生が学んでいます。様々な生徒たちが非常に興味深く混ざり合っています。APUでは、講義の基本言語として日本語または英語を選択することができます。日本語を基本言語に選択した生徒は一定の英語レベルを達成する必要があり、英語を基本言語に選択した生徒は一定の日本語レベルを達成しなければなりません。そのため、本校では非常に大規模な言語プログラムが提供されています。

    英語プログラムには上級課程と標準課程の2種類があります。C1を目標として非常に高いB2レベル程度から開始される上級課程に入れる生徒は多くありません。標準課程は生徒のレベルに応じて0から開始され、B1以上を目標としています。標準課程には常時約1,200人の生徒が在籍しており、初級、準中級、中級、上級の4レベルに分かれています。

    本校が抱える問題 大学ではすべての課程において、生徒に点数を付ける必要があります。本校の評価は「校内」で作成されていますが、外部の評価を利用して本校の生徒の学力と進捗状況を客観的に評価する方法も合わせて必要です。実際に求められているのは、実施が簡単で費用が高過ぎず、有効性と信頼性のある評価方法です。もちろん、APUは大学のパンフレットに生徒が信頼性のある試験で良い点数を出せるようになることを記載したいとも考えていました。そのために、本校ができることは何でしょうか?

    試験と棒高跳び選手についての考察 本校における問題の解決策を紹介する前に、少し本題を離れて試験の一般的な重要性についてお話しましょう。私は、概して試験とは私たちの生活の普遍的な機能となっている点で非常に重要なのではないかと思っています。私たちは常に人々や物事を評価しています。視力検査、血液検査、運転試験など、様々な試験があります。試験とは新しい現象ではなく、社会規範の発祥と同様の長い歴史を持ち、勇敢さを試すための試験や成人するための試験などに遡ることができます。

    そして、私たちは誰でも試験の作成者でもあります。私たちは常に人々を評価しています。

    私たちはあらゆる種類の交流を通して人々を評価しています。例えば、ただの会話の中でも、あなたは話し相手が会話のトピックにどの位精通しているか評価しているかもしれませんし、相手の英語能力や日本語で会話が可能か、などの小さな事柄まで評価しているかもしれません。このように、あなたは始終物事を評価しているのです。読書をしている時も本の内容について同意できるか、同意できないか批判的思考を巡らせているでしょうし、これ以上時間をかけて読み続ける価値がある本なのかと考えながら読み進めているでしょう。

    ですが、私が試験について考える上で一番重要だと思うことは、試験とは推測を可能にするためのものだということです。私たちは現実の世界において人がどのように行動するかを推測するために試験を行います。ですから、私たちは例えば、英会話能力試験などを行って、次のような推測をするのです: 実際の状況において受験者が試験結果と同等の言語スキルを使用したとしたら、受験者はいかに会話を成功させることができるか?私たちが求めているのは、受験者が現実世界でスキルを実践した場合に発揮される能力を私たちが(そして受験者自身も)理解するのを助けてくれる試験なのです。

    現実世界でのパフォーマンスを考慮に入れることは重要です。棒高跳びの選手に対する試験を想像してみてください。良い棒高跳びの選手になるには、棒を持って非常に速く走らなければなりません。でも、走るスピードだけに注目したらどうなると思いますか?とても速く走ることができる選手がたくさんいて、その中から最も足の速い二人を選び、彼らが最高の棒高跳びの選手になるはずだと予想したとします––でも、彼らがバーを飛び越えることができるのかは誰も確認していません。確認したのは走る速さだけです。その場合、私たちはこの2人の素晴らしいアスリートを選び、「この2人が世界最高の棒高跳びの選手ですよ。世界で最も足の速い2人です。」とオリンピック委員会に推薦することになってしまうでしょう。でも、残念なことに、この2人の選手がバーを飛び越えることができるのかは実際に誰も確認していません。この場合、競技の技量を正しく推測をするために必要な確認方法を持ち合わせていなかったことになります。つまり、限られた種類のスキルだけを試験して生徒の全体的な能力として報告してしまえば、それは、まるで棒高跳びの選手の全力疾走のスピードにだけ目を向けて、選手がバーを飛び越えることができるのかを理解しようとするようなものなのです。

    ここで、2つ目の重要な問題が見えてきます: もし選手が走るスピードだけを試験されると知っていたとしたら、選手はバランスと体幹の強化や棒の練習をやめてしまうかもしれません。コーチも選手が選抜されるために必要なのは速く走れるようにすることだけだと知っています。それでは、棒高跳びを英語に置き換えてみましょう。もし生徒が読解と文法だけ試験されていれば、生徒は他の分野を一生懸命勉強しなくなります。教師も不本意であったとしても、生徒が試験で良い点数をとれるように試験の対象となるスキルにのみ集中して指導するようになり、試験の対象範囲が一つの分野に限定されているのならば、その分野の中で良い成績を出せるよう生徒を促すようになるでしょう。しかし、全体像を見るのであれば、リスニングと読解の試験だけでなく、それ以外のスキルも試験すべきです。

    問題解決 ついに、本題に戻りましょう。本校が採用した試験とは?APUにとってはGlobal Scale of Englishの導入、そして「Placement Speaking」「Progress」 が素晴らしい解決策となりました。「Progress」テストはコンピューターベースの試験です。この試験では4つのスキルに加え、文法と語彙が評価されます。本校では、リスニング、文法、語彙、読解のみを評価する他の試験を使用していましたが、約2時間半もかかる上に、生徒のスキルの完全な全体像を把握することができずにいたため、本校が知りたかったすべてのスキルを試験することができる「Progress」に切り替えました。受験料も安くなりました。より徹底した評価を得ることができ、受験時間も大幅に短縮されました。

    もう一つの大きな違いは、以前の試験では受験対策のために分厚いテキストを使ってリスニングや文法の練習をするために、ライティングや英会話を練習するための時間が奪われていました。「Progress」はより多くのスキルを網羅しているため、それらのスキルにも時間をかけて勉強することができ、大学のアドミニストレーターも生徒のスコア上昇に満足することができます。ライティングと英会話に時間をかけながらも、生徒のすべてのスコアが大幅に向上するので、非常に良い結果が出ています。

    生徒の反応 「Progress」テストを採用することで、生徒が目覚めて、積極的に取り組むようになりました。これは、問題が非常に多岐に渡っており、数多くのスキルが試験されているからだと私は考えています。生徒全員が顔を上げてテストのために勉強しているのを見るのは本当に新鮮で素晴らしいことです!生徒自身もテストに価値を見出しています: 私は生徒に「Progressを受験するために何をすべきか?どうすれば良い結果を出せるか?」を後輩にアドバイスするための手紙を書いてもらいました。私が想像していた以上に生徒たちはたくさんのアドバイスを書いてくれました。その中でほぼ全員の生徒が書いていたアドバイスを一つ紹介するとすれば、「一生懸命勉強すること」でしょう。

    本校では生徒たちに「一生懸命勉強しなさい!」といつも言っています。しかし、生徒同士がそれを言い合うことはあまりありません。ですから、この変化はテストによって生徒の受験へのモチベーションが向上したことを示唆しており、一生懸命勉強すれば必ず身になると生徒に感じさせることができるテストであると考えているのです。だからこそ、私はモチベーションの真の向上が「Progress」の素晴らしい点だと思うのです。

    結論 APUではスコアが上昇しています。「Progress」は間隔を置かず、頻繁に受験しても結果に大きな変化が見られないタイプの試験です。しかし、1学期、2学期と続けることでスコアが大きく向上するのを見てきました。あなたもその変化を必ず見ることができるはずです。

    read more
  • Case Study for English 4 skills CBT

    *以下は 2018年6月15日、沖縄県にある興南学園の英語科:宮城 歩先生にインタビューした際の記録です。先生のご協力に、この場をお借りして御礼申し上げます。

    read more
  • 日本で学習者レベル参照基準が重要なのはなぜか

    生徒のクラスやテキストを決める際に使われる「入門」「中級」「上級」という言葉は、私たち誰にとっても馴染み深いものです。ただ、具体的には生徒のどんな能力を表したものなのか、さらに上のレベルの能力を生徒が身につけるためには何を教えればいいのか、といったことまでは分かりません。

    文科省による決定で、2020年以降は、大学入試で英語の「書く」「話す」というアウトプット力を測るようになると同時に、小学5年から英語が正式教科になります。目標は高校卒業時に4技能全てにおいてA2+〜B1レベルに達成している生徒の割合を50%以上にすることです。生徒にもっと期待をかけている国もあり、そういった国々に比べれば現実的な目標であります。とはいえ、英語教育を取り巻く現状や、CEFR基準の意味することについての認識不足を考慮すると、日本でも容易なことではありません。

    今回は、評価基準やスコア、グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ(GSE)と、英検やCEFR-Jといった日本独自の基準とGSEとの対応をテーマに、ピアソンのGSEプロジェクトを主導するJacqueline Martinとの対談を紹介いたします。

    read more