学習者が     英語に自信を      持てるように

ピアソンは、学習者が
英語力に自信を持てるようサポートします。

ピアソンが選ばれる理由

Pearson English Connect

教室の内外で英語教育をサポートする、最先端のデジタルプラットフォームをご覧ください。

「Pearson English Connect (PEC)を採用し、学生たちが楽しみながら英語力を
上達させていることで、PECは私たちのビジネスに付加価値をもたらしています。
学生たちも、デジタルメモ機能、素早くスコアが出るアクティビティ、
学習内容の保存機能などが備わっているPECを気に入っています。
投票の結果、オンラインのみならず対面授業でもPECを使い続けることに決定。
対面授業に戻っても、パソコンを持って授業に参加するようになるでしょう。」
Guadalupe Salazar, Pedagogical Manager, Academia Education

Pearson English Readersが学習者を刺激し、スキルを高める

Lexile Global Framework for readingと Global Scale of English を合わせることで、Pearson English Readersは、学習者のスキル向上に最適です。

あなたの学習者に合った Readers を見つける

レクシルのロゴ

 

 

ピアソンのコミュニティには何百万人もの熱心な学習者がいます

コミュニティのインサイトを読んでください。
  • 外でラグビーボールを持って走っている子供と、その後ろに子供

    ゲームはどのように言語学習をサポートするのか

    投稿者 Jacqueline Martin

    所要時間:約 5 分

    学者や教師は、語学教室でゲームを使用することの利点について長年にわたって書いてきました。Wright et al (1984), Lee Su Kim (1995), Ubermann (1998), Ersoz (2000), Yong Mei and Yu-Jin (2000), Thi Thanh Huyen and Khuat Thi Thu Nga (2003) は、ゲームが言語使用に有用で意味のある文脈を提供するという点でほぼ一致しています。それは、交流とコミュニケーションの促進し、不安への挑戦や軽減(形式ではなくメッセージに重点が置かれているため)、4つのスキルすべてを練習、そして語学学習に向けて大きな努力をし、維持するのを助けるからです。

    Kim氏らは、ゲームが語学の授業の通常のルーチンからの良い意味で休憩を提供する可能性があることも指摘しています。集中的なテストの後や、休憩時間後に興奮しすぎた学習者とゲームをプレイすることで、学習者はすぐにレッスンに引き込まれ、学習者との時間を最大限に活用できます。

    Lengeling and Malarcher (1997) は、教室でのゲームの潜在的な利点に関するリストをさらまとめました。

    感情

    • 感情のフィルターを下げる
    • 言語の創造的で自発的な使用を奨励する
    • コミュニケーション能力を促進する
    • やる気を起こさせ、かつ楽しい

    認知

    • 学習を強化する
    • 学習を見直し、拡張する
    • コミュニケーションに役立つ文法にフォーカス

    クラスダイナミクス

    • 学習者が中心
    • 教師はファシリテーターとしてのみ行動できる
    • クラスの結束力を高める
    • クラス全体の参加を促進することができる
    • 健全な競争を促進する

    適応性

    • 年齢、レベル、興味に合わせて簡単に調整できる
    • 4つのスキルをすべて活用できる
    • 最初のプログラム開発段階以降は、最小限の準備で済む

    上記が20年以上前に書かれたとき、それは主により伝統的なゲームを参照していたことを覚えておくことが重要です。しかし、最近の調査結果でも、同じ原則が適用されることが判明されているようです。私が話した先生方が挙げたその他の利点は次のとおりです。

    • ゲームは、文の形を間違えることへの懸念が軽減され、その結果、生産量が増えるため、自信のない学習者の言語レッスンの脅威を軽減することができます。
    • 学習者は、ゲームをするときにレッスンの言語以上のものを学びます。彼らは、ディスカッションやルール、時には交渉スキル、文化の違いのレッスンを通じて教育言語を学ぶかもしれません。
    • 学習者は、例えば、ある言葉を演じたり、他の学習者がそうするのを見たり、単語の手がかりを思い出したりするなど、ゲームをすることで、言語とのより多様な感情的なつながりを形成することができます。

    では、ゲームをプレイすることは学習者が言語を学ぶのに役立ちますが、ゲームをすることだけで十分なのでしょうか?一部の先生は、やる気のないクラスでゲームを使用することを好み、通常のアクティビティに取り組まず、ゲームで主要な語彙や構造を進んで使用し、気付かないうちに必要な練習を積んでいます。しかし、今日の言語学習の文脈では、それは良いことなのでしょうか?

    やる気のない人をやる気にさせる

    近年、多くの研究により、授業の意図や目的が明確になると、学習者はよりよく学ぶことが示されています。要するに、彼らは自分が何を学ぶべきか、そしてなぜ学ぶべきかを理解し、それを次のレベルに引き上げるとき、自分自身の学習を評価し、次のステップの計画に積極的に関与することができます。

    彼らがプレイするゲームが、実際には追加の言語練習を行う方法であることを知っていると、これらの学習者は参加しなくなるのでしょうか?意見は分かれており、実際の活動を中心に議論されているようです。グループワークのタスクが薄いゲームもありますが、適切な習熟度レベル(またはそれより少し高いレベル)で、文化的背景、利用可能な時間、学習トピック、教室の設定などの要素を考慮に入れたゲームは、一般的にプラスの影響を与えると考えられています。

    モチベーション向上に大きく影響するもう一つの要因は、学習者が受け取るフィードバックであり、これはゲームでもサポートできます。オンラインゲームは、より豊かな模擬学習体験と、さまざまな方法で学習者に即時のフィードバックを提供できます。

    とりわけ、やる気のない学習者の主な問題は、通常、なぜ英語を学ぶ必要があるのかわからないことです。ゲームをプレイすることは、「現実」の状況をシミュレートするだけでなく、英語を媒体として使用してさまざまなタスクを達成できることを理解するのに役立ち、それ自体がモチベーションになります。

    先生には、ゲームが学習者の学習にどのように役立つのか、なぜ役立つのかを説明する責任があります。 これは、ゲームをプレイすることは単なる無駄な時間の浪費であることを恐れている学習者(または親)も同様にやる気を起こさせることができます。たとえば、大人の学習者でさえ、簡単なhangmanやhot seat gameがスペリングスキルを向上させ、新しい単語の形と構造を認識することに脳を集中させ、新しい語彙の学習を促進することを知らせ、すぐに価値を理解するのに役立ちます(Simpson 2011)。

     

    ゲームは学習者が21世紀のスキルを習得するのに役立つか?

    ゲームが学習にプラスの影響を与えるという結論を導き出すことができるかもしれませんが、それだけで十分でしょうか? 今日の先生は、学習者が学ぶだけでなく、21世紀の生活や仕事に必要なスキルを身につけられるようにしなければなりません。ここでもゲームは役に立つのでしょうか?これは新しい研究分野ですが、ゲームは学習者が批判的思考スキル、創造性、チームワーク、優れたスポーツマンシップなど、さまざまな重要なスキルを学ぶのに役立つことを示す証拠があるようです。

    これらのアイデアは、2014年に初めてeスポーツ奨学金を提供したイリノイ州ロバートモリス大学によって真剣に受け止められました。彼らは、サッカー選手とゲーマーの2つのグループの学生を調査し、競争力、忍耐力、集中力、決意のレベルが非常に似ていることを発見しました。どちらのグループも、チームの一員として優れた能力を発揮したいという同様の願望を示しました。どちらの「スポーツ」でも、チームメンバーは細部にまで気を配り、手と目の協調性が高く、戦略的な思考を持っていることが求められました。唯一の違いは、心血管活動のレベルでした。両グループとも、コーチからパフォーマンス分析と戦術的アドバイスを受け、その後改善を行いました。

    このようなプログラムを提供し始める大学がいくつあるかは、まだわかりません。それでも、オンライン対戦ゲームがパフォーマンスを向上させるという考えは、職場にも持ち込まれています。バーチャルチームがロールベースのコラボレーションゲームをプレイすることで何を学ぶことができるかを考えてみましょう。チームメンバーは役割を設定し、目標を明確に共有し、緊密に連携してそれらを達成するためのアクションプランを策定する必要があります。チームワーク、スキル、戦略的思考、コミュニケーションが不可欠です。

    これらはすべて今日の職場にとって重要なスキルであるため、ゲームはリスクの低い環境でこれらを磨き、ビジネスパフォーマンスを向上させる機会を提供できるかもしれません。

    これらの例は明らかに標準からかけ離れていますが、教室での学習を支援するためにゲームを使用することは時間の無駄ではないことを示しているようです。ゲームと学習を適切に組み合わせると、学習者の自律的な学習スキルが発達し、課題により多くの時間を費やすようになります。

    若い学習者のための言語学習ゲームのアイデアが必要ですか?こちらの投稿を読んでください 若い学習者を教えるための5つの迅速で簡単なESLゲーム.

  • 教師が本を持って教室の前に立ち、生徒を指差した。生徒は机に座り、両手を上げます。

    学習者の語学学習の評価と追跡

    投稿者 Pearson Languages

    所要時間:約 4 分

    語学の先生としてのあなたの目標は、知識を伝えるだけでなく、流暢さへの変革の旅にを学習者を導くことです。学習の進捗状況の評価と追跡は、単なる日常的な作業ではなく、教育者と学習者の両方に力を与える動的なプロセスです。

    今日の語学学習ブログ投稿では、言語教育における評価の重要性を探り、学習者の言語発達を追跡および評価する方法に関する貴重な洞察を提供します。

    利点

    インフォームド・インストラクション

    定期的な評価により、先生は個々の学習者のニーズに合わせて指導を調整できます。長所と短所を特定することで、教育者は教授法を適応させ、よりパーソナライズされた効果的な学習体験を促進することができます。

    モチベーションを高めるツール

    アセスメントの結果は、学習者のモチベーションを高めるのに非常に役立ちます。小さな進歩でも、自信を高め、学習に対する前向きな姿勢を促すことができるため、認識する必要があります。サクセスストーリーを共有し、成果を祝い、語学教室内で継続的な改善の文化を育むことが重要です。

    成長へのフィードバック

    アセスメントのフィードバックは、学習者が自分の長所と短所を明確に把握できるようにすることで、スキルを向上させるのに役立ちます。先生は、このフィードバックを使用して、学習者が学習の過程に責任を持つように促し、言語的な困難に直面しても回復力のある成長マインドセットを育むことができます。

    追跡と評価の方法

    多様な評価方法(Diverse assessment methods)

    言語学習の多面的な性質を捉えるために、さまざまな評価方法を採用します。従来の試験に加えて、スピーキング評価、プロジェクトベースの評価、共同活動を統合します。この多様性により、学習者の言語能力を包括的に理解することができます。

    例: ターゲット言語での調査、プレゼンテーションの作成、創造的な表現(演劇やビデオなど)のデモンストレーションを含むプロジェクトを割り当てることを検討してください。言語スキル、創造性、批判的思考などのさまざまな側面を評価します。クラスの興味やモチベーションに合わせてプロジェクトを設計します。

    形成的評価(Formative assessments)

    形成的評価を教育戦略に統合します。クイズ、クラスディスカッション、短い作文課題などの継続的な評価により、リアルタイムのフィードバックが提供されます。たとえば、学習者が特定の概念に苦労していることに気付いた場合、形成的評価を使用して、教育アプローチの有効性を評価し、必要な調整を行うことができます。

    例: 授業中に定期的な小テスト、投票、または簡単な評価を実施して、学習者の理解度を評価します。クイックチェックを使用して学習者の理解度を測定し、それに応じて指導方法を調整します。これにより、指導方法をリアルタイムで調整し、効果的なレッスンを提供することができます。

    ポートフォリオ評価(Portfolio assessment)

    言語ポートフォリオを維持するよう学生に奨励します。これらのポートフォリオには、執筆作品のサンプル、録音された会話、言語学習の過程の振り返りを含めることができます。ポートフォリオ評価は、進捗状況の全体像を提供し、学習者に成果の具体的な記録を提供します。

    例: 定期的にポートフォリオのレビューを実施して、進捗状況について話し合い、目標を設定します。学習者がどれだけ進歩したかを示すために、頻繁に振り返るよう促します。 

    自己評価(Self-assessment)

    学習者が自己評価できるようにしましょう。言語スキルを振り返り、目標を設定し、自分の進歩を評価するよう促します。また、自己評価は、学習プロセスにおける責任感と自立心を育みます。学習者が自分の進歩に責任を持つと、教育への投資が増え、目標を達成する可能性が高くなります。

    例: 語学学習者に自己評価チェックリストまたはルーブリックを提供して、習熟度を評価し、個人的な目標を設定します。

    テクノロジーの統合(Technology integration)

    言語学習プラットフォームの分析と進捗レポートを使用して、データに基づいた意思決定を行います。時間を節約し、信頼性の高い最新のレポートを提供できるのは素晴らしいことです。 

    例:課題、クイズ、追跡機能が組み込まれた共同プロジェクトにオンラインプラットフォームを使用します。私たちの学習プラットフォームである Pearson English Connect(PEC)は、学習者の進捗状況を追跡するのに役立ちます。

    文化プロジェクト(Cultural projects)

    文化プロジェクトは、学習者が学んでいる言語のより広い文脈に学習者を惹きつけるための素晴らしい方法です。

    これらのプロジェクトには、言語に関連する文化的慣習、伝統、または歴史的出来事の研究が含まれる場合があります。

     

    学習者は、文化的なプロジェクトに参加することで、文化的なニュアンスをナビゲートし、多様な視点を理解し、異なる文化的文脈で効果的にコミュニケーションをとる方法を学びます。このようなプロジェクトは、学習者が言語との個人的なつながりを形成し、理論と実際の応用の間のギャップを埋め、言語学習をより有意義なものにするのに役立ちます。

    例: ターゲット言語の特定の文化的側面を探求するプロジェクトを割り当て、文脈に対するより深い理解を促します。これらは、それがどれだけうまく提示されているか、その明確さ、および事実がどれだけ正確であるかで評価できます。

    ピアレビュー(Peer reviews)

    ピアレビューは、言語学習教室内のコミュニティ意識を促進する貴重な実践です。学習者同士が協力し合い、お互いに建設的なフィードバックをすることで、言語能力の向上につながります。これにより、学習者同士が互いのレベルアップに積極的になり、互いの長所と短所から学ぶ共同学習環境が生まれます。

    学習者は、仲間が自分の作品をレビューしてくれることがわかっている場合、課題にもっと力を入れることがよくあります。このように説明責任が高まることで、仕事の質が向上し、言語学習へのコミットメントが高まる可能性があります。

    例: 学習者が互いの筆記または口頭の課題についてフィードバックを提供するピアレビューセッションを実施します。建設的な批判を奨励して、コラボレーションと学習を強化します。恥ずかしがり屋の学生に対応するために、このプロセスは匿名にすることができます。

     

    言語学習の進捗状況を評価および追跡することは、効果的な言語教育に不可欠であり、教育者と学習者の間の継続的な相互作用が必要です。

    多様な評価方法を活用し、絶え間ない改善の文化を育むことで、語学教師は学習者を言語の流暢さに導く上で重要な役割を果たします。語学学習者が成功を祝い、課題を克服するのを助けることは、彼らが熟練したスピーカーであるだけでなく、生涯にわたる言語愛好家になるのにも役立ちます。

    評価を通じて学習者のモチベーションを高める」の投稿もご覧ください。

    学習プラットフォームであるPECに加えて、学習者の進捗状況を追跡し、英語レベルを認定するのに役立つさまざまな英語アセスメントとコースを提供していますので、学習者に最適なソリューションを見つけるために、私たちのさまざまなツールを探索してください。  

  • ノートパソコンを目の前にして笑いながら一緒に作業する学生たち

    教室内のアクティビティで生徒の語彙力と記憶力を向上させる

    投稿者 Vaughan Jones

    所要時間: 約6分

    Vaughan Jones は、EFLの講師、トレーナー、著者として30年以上の経験を持っています。フランス、日本、スペインに住み、働いた経験があり、高等学校向けの英語教材シリーズ「Focus」など、多くのコースブックの制作に携わってきました。

    この投稿では、学生が語彙を覚える能力を向上させるために役立つ語学の先生向けのヒントとテクニックをいくつか紹介します。 

無料の教育者向けウェビナーでスキルをレベルアップ

登録してライブに参加するか、今すぐ録画をご覧ください。

* 2022年1月から3月にかけて、英語教師と学習者、教育機関や企業の意思決定者を含む2,000人を超える回答者を対象としたLearner's Voiceに関するグローバルオンライン調査。