留学生:どの UK 大学があなたに最適ですか?

Pearson Languages
外で笑顔を見せる大学生たち

人々が留学する理由はさまざまです - 新しい場所を見るため、異文化を体験するため、そして最も重要なことは、母国では得られない学生生活や教育の機会を得るためです。 UK 大学で勉強したい場合は、真に革新的な教育と研究にアクセスできるだけでなく、世界で最も多文化の学生団体の1つに参加することもできます。

UKには、さまざまな大学やコースから選択できます。では、160以上の教育機関と数千のコースからどのように選択しますか?調査によると、大学を早期に中退する学生の半数は、間違ったコースを選択したためであるため、自分の選択に完全に満足していることが重要です。

したがって、正しい選択をできるように、大学に出願する前に考慮する必要があることは次のとおりです。

テーマを選ぶ

大学選びの第一歩は、自分が何を勉強したいかを決めることです。 UCASの個人的な声明 は、選択したすべての大学に送信されるため、申請するすべてのコースに関連している必要があります。つまり、選択したコースは、同じか、類似したフィールドである必要があります。

自分が得意な教科について考えるだけでなく、今後3年、4年かけて何を勉強できるかも考えてください。

続けて知識を深めたいテーマはありますか?それとも、まったく新しいことを勉強したいですか?

特定の仕事に関連する法律や医学などの科目を勉強したいですか?それとも、幅広いキャリアで使用できる歴史のようなコースを受講したいですか?これらの質問について慎重に考えると、残りのプロセスははるかに管理しやすくなります。

できるだけ多くのイベントやオンラインテイスターセッションを行い、できるだけ多くの無料オンラインコースにサインアップしてください。 Futurelearn には、世界中の大学からの幅広いテイスターコースがあります。これは、自分の興味がどこにあるかを判断するのに役立ちます。何よりも、何に興味があり、何が興味がないかをメモしてください。

より広い学位を取得したい場合は、共同優等学位を取得するオプションが常にあります。これは、2つの異なるコースを組み合わせることを意味します。多くの共同優等生コースは、言語と別の科目を組み合わせたもので、世界中で学習した内容を使用したり、別の国で学習したりすることもできます。

競合を考慮する

どのコースを走れるかを考えるとき、競争を考慮することが重要です。一部のコースには、場所よりもはるかに多くの志願者がいますが、志願者がはるかに少ない何百もの「隠れた」コースもあります。たとえば、オックスフォード大学の経済学コースでは、場所ごとに16.9人の志願者を受け取りますが、古典の場所ごとに3人の志願者に近いです。古典は、政治、歴史、言語学、社会科学などの幅広い分野をカバーしており、知性を本当に試します。

経済学は競争的かもしれませんが、古典も同じくらい価値があるかもしれません。何千もの「隠れた」コースがあり、知名度が低いという理由だけで、それほど多くの志願者を引き付けません。 UCAS Explore サイトと Uni Guide でコースの全範囲をチェックし、オープンマインドでそれを行ってください。

コースのリストを絞り込んだら、どこで勉強するかを考えます。

場所を考えて場所を比較する

UKは小さな国かもしれませんが、信じられないほど多様です。ロンドンやグラスゴーのような大きな国際都市、カーディフ、ベルファスト、ノッティンガムなどの小さな町や都市、ランカスターのような田舎の大学、セントアンドリュースのような海岸沿いの町、ヨーク、オックスフォード、ケンブリッジのような歴史的な都市があります。

したがって、 UK 大学を決定するときは、まず自問する必要があります。賑やかな都会と静かな田舎のどちらに住みたいですか?たくさんの探索をしますか、それともキャンパスの近くに滞在しますか?これらの要因は、あなたの決定に違いを生みます。

また、コストについても慎重に検討する必要があります。

UKの異なる地域では、家賃、交通費、娯楽費などに応じて、生活費が異なります。不動産のウェブサイトをチェックして、家賃がどのようなものかを確認し、生活費がどれほど高くなるかを把握してください。

最後に、大学の種類自体が重要です。 ヨーク大学のように、大学生活全体が行われるキャンパスがある大学もあります。また、 マンチェスター大学のように、市内のいたるところに建物がある大学もあります。それぞれに雰囲気があり、どちらが好きかを考える必要があります。

大学ランキングを見てください

希望する大学がリーグテーブルでどのようにランク付けされているかを調べてください。 UK のトップ大学のランキングは、教育の質を測定するだけではありません。学生の満足度、卒業後の就職率、スタッフと学生の比率に関するデータを示しています。

UKで最高の大学とランキングの高いコースは、入学するための競争力が高まります。UCASフォームで最大5つのコースに申し込むことができるため、さまざまなコースと大学を選択することをお勧めします。成績が取れるかもしれないし、得られないかもしれない野心的な選択と、あなたを受け入れてくれるとわかっている安全な選択を含めてください。

ガーディアン大学ランキングs、またはタイムズ・ハイヤー・エデュケーションのランキングをチェックして、どの大学が最も評価が高いかを確認できます。

そうは言っても、 UK での学生生活はバランスが重要です。ランキングと自分にとって何が正しいかの両方を考慮する必要があります。嫌いな場所にある一流 UK 大学に行って、興味のないことやキャンパスの文化が魅力的でないことを勉強しても無駄です。

時には、大学ランキングを低くすることで、成功し、個人的な目標を達成するチャンスをたくさん提供できるのであれば、検討した方が良いかもしれません。

大学にこれほど多くの種類があるのは、誰もがユニークだからであることを忘れないでください。自分の価値観や興味に合った場所を志望すれば、大学でのキャリアで成功する可能性がはるかに高くなります。

指導スタイルを研究する

選択した大学の教育と評価のスタイルを確認することをお勧めします。最終試験に重点を置いたコースもあれば、コースワーク、プロジェクト、論文、独立した研究に重点を置いたコースもあります。

あなたの大学の試験がオープンブックかクローズドブックかを確認してください。それらが閉じている場合は、より多くのことを覚えておく必要がありますが、開いている場合は、おそらく試験でより詳細な答えを出す必要があります。

オープンデーに参加して、他の学生や潜在的な教授とチャットできる場合は、そうしてください。ただし、できない場合は、各大学のコースのWebサイトで、コースの内容とその評価方法について説明されていることを忘れないでください。どのタイプの評価が自分に最も適しているかに基づいて選択する必要があります。

一部のコースは、大規模な講義やセミナーで教えられています。また、 オックスブリッジの 多くのカレッジでは、少人数のグループで教えたり、家庭教師と1対1で教えたりします。あなたに最適な教育スタイルは、あなたの選択において重要です。

趣味を考える

すべての大学には、学生自治会や社会を中心とした独自の文化と社会生活があります。地元の学生や留学生にとって、大学生活は勉強以上のものです。

趣味の時間を作ると、よりバランスの取れた学生体験ができます。大学のウェブサイトを見て、学生団体やクラブについて学び、利用可能な活動を確認できます。しかし、魅力的なものが見当たらなくても心配しないでください - あなたはいつでも積極的に行動し、あなた自身の社会を始めることができます。

好きなスポーツはありますか?

あなたがそうし、それが本当に上手であれば、 あなたは奨学金を受ける資格があるかもしれません。助成金や賞品は色々あるので、何ももらえないと思ってもチェックしておくと良いでしょう。

英語言語の要件を満たしていることを確認する

UK学生ビザの要件については、英語テストに合格する必要があります。移民を担当するUK政府機関である内務省によって承認されたセキュア英語 言語 試験(SELT)を取ることができます。

PTE Academicは、学位レベルのコースの学生ビザUK、および国内の99%の大学へのアクセスに使用できます。テストの所要時間は2時間で、リーディング、スピーキング、リスニング、ライティングをカバーし、コンピューターで行われます。結果は通常48時間以内に戻ってくるため、便利で信頼性があります。

大学を選ぶには、多くの考えが必要です。幸いなことに、ビザを取得するための 英語 テストを選択するのは簡単です。

ピアソンからのその他のブログ

  • Two coworkers discussing some sticky notes on a class window

    Local to global: How English skills unlock a career in leadership

    投稿者 Samantha Yates
    読書の時間: 4 minutes

    Of the 1.5 billion English speakers in the world, over half learned it as a second or additional language.

    The “language of business”, English has become a foundational skill for anyone looking to work in an international business or at a leadership level, and many English as a Second Language (ESL) speakers find themselves working in English on a daily basis.

    But working in your second or third language comes with a unique set of challenges and opportunities.

    We spoke to five global leaders about the role English has played in their careers, the challenges of being an ESL speaker, and how businesses can create a culture where everyone has a voice.

  • A woman sat in a library reading books at a table

    Master English with fun and effective exercises

    投稿者 Pearson Languages
    読書の時間: 3 minutes

    Learning English can be a rewarding yet challenging journey. Whether you're aiming to improve your language skills for travel, work, or personal growth, using the right resources will make all the difference. 

    Types of English exercises you should try

    Grammar exercises

    Grammar is the backbone of any language. Worksheets focusing on grammar can help you understand sentence structure, verb tenses and other essential rules. Look for exercises that cover:

    • Verb conjugation: Practice different verb forms and understand when to use each.
    • Sentence structure: Learn how to construct sentences correctly.
    • Punctuation: Understand the importance of punctuation marks and how to use them properly.

    Vocabulary building

    Expanding your vocabulary is crucial for effective communication. Worksheets can help you learn new words and phrases, as well as their meanings and usage. Try exercises like:

    • Word matching: Match words with their definitions.
    • Fill-in-the-blanks: Complete sentences using appropriate vocabulary.
    • Synonyms and antonyms: Identify words with similar or opposite meanings.

    Reading comprehension

    Improving your reading skills involves understanding and interpreting written texts. Worksheets designed for reading comprehension can help you practice:

    • Short stories: Read short passages and answer questions about the content.
    • Articles: Analyze articles to identify main ideas and supporting details.
    • Inference: Draw conclusions based on the information provided in the text.

    Writing practice

    Writing exercises help you articulate your thoughts clearly and coherently. Worksheets can guide you through different writing styles and formats:

    • Essay writing: Practice writing essays on various topics.
    • Letter writing: Learn how to write formal and informal letters.
    • Storytelling: Create your own stories using prompts or randomly selected features. 
  • How to make the most of AI in the classroom

    投稿者 Pearson Languages
    読書の時間: 5 minutes

    Artificial Intelligence (AI) is no longer a futuristic concept confined to science fiction. It has become an integral part of various sectors, including education. As educators, integrating AI into your classroom practices can enhance teaching and learning experiences, making them more personalized, efficient and engaging. Here’s how you can make the most of AI in your classroom.