教室内のアクティビティで生徒の語彙力と記憶力を向上させる

Vaughan Jones
Vaughan Jones
ノートパソコンを目の前にして笑いながら一緒に作業する学生たち

所要時間: 約6分

Vaughan Jones は、EFLの講師、トレーナー、著者として30年以上の経験を持っています。フランス、日本、スペインに住み、働いた経験があり、高等学校向けの英語教材シリーズ「Focus」など、多くのコースブックの制作に携わってきました。

この投稿では、学生が語彙を覚える能力を向上させるために役立つ語学の先生向けのヒントとテクニックをいくつか紹介します。 

5つの簡単なステップで英語の語彙を教える
再生
プライバシーとクッキー

視聴することにより、Pearsonがあなたの視聴データを1年間の間、マーケティングおよび分析のために共有することに同意したものとみなされます。クッキーを削除することで、同意を取り消すことができます。

最も役に立つ単語に集中する

すべての学習は記憶することである、とプラトン...いや、ソクラテスだったか?いずれにせよ、外国語の学習、特に新しい単語を覚えるのに、記憶が中心的な役割を果たすことは、誰もが認めるところでしょう。最初の2000語は簡単です。調査によれば、英語のほとんどの文章の約80%は、最も頻度の高い2,000語で構成されているそうです。

生徒たちは、何を読もうが何を聞こうが、そして好むと好まざるとにかかわらず、繰り返しこれらの言葉に接します。そして恐らく、彼らはそうすることを好んでいるでしょう。なぜか?それは、私たちが長期的な記憶には繰り返し触れることが不可欠だと知っており、最初の2,000語は事実上 " 無料 "で習得できるからです。

しかし、その次の1,000語、さらにその次の1,000語はどうでしょう?研究者によると、ケンブリッジ英検1級に合格するためには、おそらく5,000語程度の英単語を知っている必要があり、CEFRで真のC2レベルとみなされるためには、おそらく10,000語以上知っている必要があるようです。参考までに、英語を第一言語として話す教養のある人は、おそらく20,000語程度の理解語彙を持っているでしょう。

語学を学ぶ生徒たちに、英語の中にある何千というあまり使用頻度の高くない単語を学ばせるためにはどうしたらいいでしょうか?簡単ではないことは確かです。特効薬はありません。しかし、私自身の長年の指導経験に基づいた考えをいくつか紹介しましょう。

最も役に立つ単語にFocus

当たり前のように聞こえますよね?しかし、時間は常に限られています。ですから、学習者に覚えてもらう単語は、最も役に立つもの、つまり学習プロセスの特定の段階において最も使用頻度の高いものにしましょう。

通常、それらはコースブックに記載されています。Focusの各レベルにおける語彙選択には、Global Scale of Englishの頻度基準が用いられます。従って、レベル1では「silly」(A1)は教えるかもしれませんが、「preposterous」(C1)は教えないでしょう。

記憶に残る最初の出会いに焦点を当てる

第一印象を与えるチャンスは二度とありません。これは人と同様、言葉にも当てはまります。豊かな喚起力を持ち、個性的で、意味のある、あるいは予期せぬ文脈の中で初めて言葉に出会うことは、暗記のプロセスを助けてくれます。神経的刺激は多ければ多いほど良いのです。

効果的な単語学習法の指導に重点を置く

これは、語学教育において継続的な「学習者訓練」となるべきものです。音楽の歌詞、ツイート、ブログ記事、vlogs、ビデオクリップ、多読・多聴(ポッドキャストやスポークンワードを含む)、英語字幕付きの映画やテレビシリーズなどで、生徒には教室外で可能な限り英語に触れる機会を持たせましょう。これらはほんの一例です。

次に、意味を理解し、正しい用法を認識するための訓練をしましょう。文脈から推測したり、辞書を効果的に使ったり、頻度の高い接辞の基本的な意味を学んだりします。

最後に、語彙を記録するさまざまな方法を生徒に教えます。紙やデジタルのフラッシュカードを作成したり、キーワード法などのニーモニックシステムを紹介したり、単語を書き留めるより創造的な方法を模索したりするように促します。

体系化されたリサイクルに重点を置く

上位2,000語以外の単語が、都合のよい間隔で自動的に再び出てくることを保証することはできないので、新しく教える単語を体系立てて再び出てくるように計画するのがあなたの仕事です。Focusのようなコースブックでは、ターゲット語彙を頻繁に再利用していますが、それだけでは決して十分ではありません。

また、何らかの理由でレッスンが違う方向に進み、授業内容から外れ、コースブックにも載っていない単語を走り書きして教えた語彙はどうなるのでしょうか?

これらすべての単語を捕捉するための私自身の非常にローテクな解決策は、クラス書記を制定することです。生徒は交代でクラスの書記になります。レッスンの最初に白紙の紙が渡され、彼らの役割は単に新しい言語を記録することです。この「データ」は、私の教科書の目標語彙とともに、私の学習コーパスになります。

クラス書記を持つこと:

  • 各レッスンに独自の記録が残ります。
  • 教室のダイナミクスを改善するのに役立ちます。
  • 学習スタイルと問題点を明らかにすることができます。

生徒の語彙と記憶力に焦点を当てた5つのアクティビティ

どの単語を教えたかが分かることで、定期的にリサイクルすることができます。どうすればいいでしょうか?5分から10分のアクティビティのレパートリーを身に付けて、リードイン、ウォーマー、フィラーとして使えるようにしましょう。準備をほとんどまたはまったく必要とせず、さまざまな語彙領域をカバーするように適応できるアクティビティです。私のお気に入りの5つの方法を紹介します。 

1.Board bingo

復習したい単語を12〜15個ボードに書き留めます。生徒に5つの単語を選んで書き留めてもらいます。それが終わったら、単語の辞書の定義をランダムな順序で読み上げること、そして定義を聞いたと思ったら単語に取り消し線を引くように生徒に伝えます。5つの単語すべてに取り消し線を引くと、ビンゴと叫びます。 生徒の答えを確認できるように、読み上げた単語の定義を必ず記録してください。 

2.Odd one out

この方法は昔からのお気に入りです。復習したい単語、発音、文法ポイントを考えてください。黒板に5つの単語を書き、どれが仲間外れか生徒に尋ねます。そして、その理由を説明します。これは通常、単語の意味に関連しているため、次の例では、仲間外れは dogです。 

pink /  red  /  dog  /  blue  /  yellow

音節の数など、好きな基準を設定できます。その場合、仲間外れは黄色になります。実際、基準が予想外であればあるほど良いのです。大事なのは、復習してほしい言葉を見て、考えることです。

3.Category dictation

復習する言語を選択し、できれば2つのカテゴリに分類する方法を考案します。黒板にカテゴリーの見出しを書き、生徒にコピーしてもらいます。次に、単語(最大10〜12)をゆっくりと明確に口述し、生徒に正しいカテゴリに書き留めてもらいます。たとえば、「obs」を復習する場合、カテゴリは内部で行うジョブと外部で行うジョブになります。

次に、 a farmer, an archaeologist, a surgeon, an au pair, a vetなどの単語を口述します。生徒は正しいカテゴリの単語を書き留めます。単語を口述したら、生徒にリストを比較してもらいます。

4.Scrabble

復習する単語のセットを選択します。生徒はペアで作業します。紙、できれば正方形の方眼紙が必要です。

学校の科目など 、トピックを選択します。生徒Aは「横」の単語を書き、生徒Dは「下」の単語を書きます。最初の単語を横に入力し、それが長いものであることを確認することをお勧めします。

次に、生徒Dは、紙の上から下に別の学校の科目を追加します。この単語は、ページ全体に書かれている学校の科目と交差している必要があります。

次に、生徒Aは、生徒Dが書き留めた学校の科目と交差する別の学校の教科を書きます。生徒たちは順番に自分の言葉で書き続けます。

生徒は、学校の科目が思いつかなくなるまで、スクラブルボードのように単語を積み上げます。(学校の科目を最後に書いた人が勝者だと言うことで、ゲームにすることができます。生徒は各単語の間に1つの正方形を残さなければならないことに注意してください–これが正方形の紙を使用する方が適切で明確である理由です。)

5.Random letters

このアクティビティは、あらゆる種類の単語を復習するのに適しています。生徒にアルファベットの7文字を選んでもらいます。黒板に散らばった文字を書きます。次に、生徒にペアになって、黒板の各文字で始まる単語を考えてもらいます。最も明白な基準は、最近教えた特定の単語セット(仕事 、 衣服食べ物動物など)から単語を復習することです。

あるいは、過去2週間のレッスンでメモした単語を尋ねることもできます。別の可能性は、完成したばかりのStudent Bookユニットから、最も興味深い単語を見つけることです。復習してもらいたい単語セットが特に豊富な場合は、生徒に各文字について、たとえば3分間でできるだけ多くの単語を考えてもらい、最も多くの単語を見つけるコンテストにすることができます。

生徒がより効率的かつ効果的に単語を学ぶのにどのように役立つかについて、常に時間をかけて考える価値があります。 1970年代に、言語学者のデビッド・ウィルキンスは、語彙学習の重要性を次のように要約しました。 「文法がなければほとんど伝わらないし、語彙がなければ何も伝わらない。」

語彙に焦点を当てたアクティビティは、高等学校向けのベストセラーの英語学習シリーズであるFocusでさらにたくさんあります。これには、独自の語彙構築プログラムと3Mの方法論が含まれています。

これには、英語レッスンのモチベーションを高め、魅力的にするためのBBCビデオコンテンツと、より徹底した英語の使用方法が含まれています。 Focusは、教師と生徒が語学の目標やテストで成功を収めるために必要なすべてを提供します。 

書誌

  • Bilbrough, N. (2011) Memory Activities for Language Learning. Cambridge University Press
  • Cook, G. (2000) Language Play, Language Learning. Oxford: Oxford University Press
  • Thornbury, S (2002) How to Teach Vocabulary. Pearson
  • Webb, S. & Nation, P. (2017) How Vocabulary is Learned. Oxford University Press

ピアソンからのその他のブログ

  • 一人の教師が二人の幼い生徒のそばに立って、パソコンのモニターを見つめていた

    英語教育におけるAIの可能性

    投稿者 Pearson Languages
    読書の時間: 約6 分

    人工知能システム(AI)の英語教育への統合は、教育方法論の大きな変化を表しています。この新しいテクノロジーは、 英語の教育者に教育戦略を強化する無数の機会を提供し、学習プロセスをより魅力的で、パーソナライズされた、効果的なものにします。このブログ記事では、AIが英語教育を支援し、教育者と学習者の両方に力を与える方法について、実践的なヒントを探ります。

    AIが教育に与える影響を強調する注目すべき参考文献の1つは、経済協力開発機構(OECD)の報告書「Digital Education Outlook 2023」です。この包括的な調査では、AIテクノロジーが教育の管理および評価の側面をどのように支援するかを概説するだけでなく、学生の学習方法にも革命をもたらします。AIツールは、オーダーメイドの適応型学習経路と即時フィードバックを提供することで、 英語教育において、より適応性が高く学習者中心のアプローチへの道を切り開いています。

    現在、学校ではAIがどのように活用されているのか

    現在、学校はAIの力を利用して、いくつかの革新的な方法で英語学習を強化し始めたばかりです。教育テクノロジーの注目すべき用途の1つは、インテリジェントな個別指導システムの使用であり、学習者に個々のニーズと習熟度レベルに合わせた個別のフィードバックと学習経路を提供します。

    さらに、AIを活用した言語学習アプリやプラットフォームはますます人気が高まっており、自然言語処理と機械学習技術を通じてインタラクティブで没入型の学習体験を提供しています。

    これらのプラットフォームは、会話の練習をシミュレートし、発音の修正を提供し、さらにはコンテンツをリアルタイムで適応させて、学習者に適切に挑戦させることができます。

    さらに、AIは学習者の課題の採点や評価などの管理タスクにも使用されており、先生はカリキュラム開発や学習者との1対1のやり取りに集中する時間を増やすことができます。このAIの英語教育への統合は、学習プロセスの効率を高め、より魅力的でダイナミックな教育環境に積極的に貢献しています。

    AIが英語教育をどのように強化できるか

    大規模なパーソナライゼーション

    AIシステムは、個々の学習者の学習スタイルと好みを分析し、すべての学習者の固有のニーズに応えるパーソナライズされたレッスンプランを可能にします。AIは、コンテンツ、ペーシング、学習活動をカスタマイズすることで、学習者が関心を維持し、的を絞ったサポートを受けられるようにし、学習成果を大幅に向上させます。

    インタラクティブな学習体験

    AIを活用したアプリケーション、教育用ゲーム、ツールは、没入型でインタラクティブな言語学習体験を生み出すことができます。会話をシミュレートするチャットボットから、発音に関するリアルタイムのフィードバックを提供するプラットフォームまで、これらのツールは、学習者が従来の教室環境の外で、管理された安全な環境でスピーキングとリスニングのスキルを練習するのに役立ちます。

    自律的な学習支援

    AIの助けを借りて、学習者はより効果的に自習することができます。AIの個別指導システムは、筆記課題に対するフィードバックを即座に提供し、先生がすぐに教えることができなくても学習者が進歩できるようにします。これらのシステムは、一貫性のある偏りのないサポートを提供し、学習者の自信を高めるために非常に効果的です。

    評価機能の強化

    アセスメントは学習プロセスの重要な部分です。AIは、採点という面倒な作業を引き受け、学習者の成績に関する詳細な洞察を提供することができます。先生は、このデータを使用して、学習者が苦労している領域を特定し、これらのギャップに対処するために将来の指導内容を調整できます。

    クリエイティブな視野を広げる

    AIの応用はクリエイティブライティングにまで及び、ライターの悩みを克服し、ストーリーラインを開発するためのプロンプトと提案を学習者に提供します。これにより、学習者の創造性とモチベーションが高まり、ライティングスキルの出発点となります。

    ChatGPTを語学教育に活用

    AI言語モデルであるChatGPTは、学習者にとって非常にインタラクティブで応答性の高い環境を作成することで、言語レッスンの実施方法を支援し、時間を節約できます。先生はこのテクノロジーを利用して実際の会話をシミュレートできるため、学習者はダイナミックな環境で言語スキルを練習できます。また、学習者はそれを使用して最初のドラフトを開始し、批判的思考を使用することを奨励することもできます。

    ChatGPTは、特定のシナリオやトピックを入力することで、新しい語彙や文法構造を文脈の中でどのように使用するかに挑戦し、学習者に教える対話を生成し、理論的な学習と実践的な応用の間のギャップを埋めることができます。さらに、すぐにフィードバックを提供できるため、学習者はリアルタイムで間違いを修正でき、効率的で励みになる学習環境が醸成されます。

    この種のAIチャットボットは汎用性が高いため、さまざまな習熟度の学習者に合わせて調整できるため、エンゲージメントを高め、より深い学習を促進することを目指す語学教師にとって非常に貴重なツールとなります。

    先生が英語の授業にAIを活用するためのヒント

    1. まずは明確な目標から始めましょう:AIを授業に取り入れて何を達成したいのかを明確にします。
    2. 従来の手法とAI手法を組み合わせる: AI を人間との対話の代替ではなく、補完するものとして使用します。
    3. プライバシーと倫理を優先する: 使用する AI ツールがプライバシー法と倫理基準に準拠していることを確認します。
    4. 最新情報: AIは急速に進化している分野です。専門能力開発のウェビナーやワークショップに参加して、最新情報を入手してください。
    5. 成長マインドセットを育む: AI を自分の努力と忍耐力を支援するツールと見なすよう学習者に促します。
    6. テクノロジーの謎を解く: AI がどのように機能するかを説明し、その使用に関する懸念や誤解を軽減します。
    7. 実験と反復: すべての AI アプリケーションが教室に適しているわけではないため、さまざまなツールやアプローチを試す準備をしてください。

    AIによる不正行為や盗作についてはどうですか

    不正行為や盗作の問題は、高等教育機関における重大な懸念事項であり、AIテクノロジーの出現によりより顕著になっています。しかし、AI自体がこれらの課題に立ち向かう上で手ごわい味方になり得ます。AIを活用したツールは、学習者の提出物を分析して盗作を効果的に検出し、教育者に学業の完全性を確保するための堅牢なメカニズムを提供します。さらに、AIシステムは、学習者のユニークな文体を認識するようにプログラムできるため、不正を示唆する矛盾を簡単に特定できます。

    教育者は、これらのトピックについて学習者とオープンに話し合い、独創性の価値と学業上の不正行為の深刻な結果を強調することが重要です。教育の強化だけでなく、学業水準を維持する手段としてもAIを活用することで、教育者は教室内で正直さと誠実さの文化を育むことができます。

    英語教師向けのAIウェビナーシリーズ

    英語教育の世界でAIの可能性を最大限に引き出すには、継続的な学習が不可欠です。AIとは何かを英語教師に案内するウェビナーシリーズを近日開催します。

    注目のウェビナーシリーズ: 英語学習におけるAIの可能性を解き放つ

    2024年3 月11 日から3月15日まで、英語教師向けに設計された一連の魅力的なウェビナーにご参加ください。生成AI、スピーキング練習、倫理、ストーリーテリングなど、さまざまなトピックを掘り下げます。

    Ken Beatty、Kacper Łodzikowski、Magdalena Kania、Billie Jago、Ilya Goginなどの専門家が共有する洞察を活用してください。さらに、参加することで専門能力開発証明書を獲得できます。

    Webinar sessions:

    • Artificial Intelligence: Shining Light in the Language Classroom – get an overview of AI in language learning and best practices for integration.
    • A Teachers' Guide to Safe and Ethical AI Usage for Learners – gain insights into safe and ethical AI integration in the classroom.
    • Practice English Speaking with AI – learn how to use AI to build learners' confidence in speaking.
    • AI and Storytelling – harness AI's power to inspire creativity and improve narrative skills.
    • Teaching in the Age of AI – prepare for the educational evolution with actionable tips.

    教育における AI のフロンティアを探り、進化する教育環境に備える方法について話し合います。AIの影響を受けた教育環境で成功するために必要な知識とツールを身に付ける時が来ました。

  • 事務室はキュービクルや廊下に立って話していた

    目標設定: 円滑なチームコミュニケーションを達成するための道筋

    投稿者 Pearson Languages

    所要時間: 約 5 分

    スキル開発に投資する企業は、優秀な人材を維持する可能性が高く、他にも多くのメリットがあることがわかっています。チームの英語習熟度を高めることは、ビジネスに変革的な効果をもたらし、新しい機会、成長、従業員のエンゲージメントを高めることにつながります。しかし、企業の語学学習プログラムの実施は困難な場合があります。従来の目標設定フレームワークを使用することで、あなたとあなたのチームは、この困難を乗り越えることができます。方法は次のとおりです。

  • 外でラグビーボールを持って走っている子供と、その後ろに子供

    ゲームはどのように言語学習をサポートするのか

    投稿者 Jacqueline Martin

    所要時間:約 5 分

    学者や教師は、語学教室でゲームを使用することの利点について長年にわたって書いてきました。Wright et al (1984), Lee Su Kim (1995), Ubermann (1998), Ersoz (2000), Yong Mei and Yu-Jin (2000), Thi Thanh Huyen and Khuat Thi Thu Nga (2003) は、ゲームが言語使用に有用で意味のある文脈を提供するという点でほぼ一致しています。それは、交流とコミュニケーションの促進し、不安への挑戦や軽減(形式ではなくメッセージに重点が置かれているため)、4つのスキルすべてを練習、そして語学学習に向けて大きな努力をし、維持するのを助けるからです。

    Kim氏らは、ゲームが語学の授業の通常のルーチンからの良い意味で休憩を提供する可能性があることも指摘しています。集中的なテストの後や、休憩時間後に興奮しすぎた学習者とゲームをプレイすることで、学習者はすぐにレッスンに引き込まれ、学習者との時間を最大限に活用できます。

    Lengeling and Malarcher (1997) は、教室でのゲームの潜在的な利点に関するリストをさらまとめました。

    感情

    • 感情のフィルターを下げる
    • 言語の創造的で自発的な使用を奨励する
    • コミュニケーション能力を促進する
    • やる気を起こさせ、かつ楽しい

    認知

    • 学習を強化する
    • 学習を見直し、拡張する
    • コミュニケーションに役立つ文法にフォーカス

    クラスダイナミクス

    • 学習者が中心
    • 教師はファシリテーターとしてのみ行動できる
    • クラスの結束力を高める
    • クラス全体の参加を促進することができる
    • 健全な競争を促進する

    適応性

    • 年齢、レベル、興味に合わせて簡単に調整できる
    • 4つのスキルをすべて活用できる
    • 最初のプログラム開発段階以降は、最小限の準備で済む

    上記が20年以上前に書かれたとき、それは主により伝統的なゲームを参照していたことを覚えておくことが重要です。しかし、最近の調査結果でも、同じ原則が適用されることが判明されているようです。私が話した先生方が挙げたその他の利点は次のとおりです。

    • ゲームは、文の形を間違えることへの懸念が軽減され、その結果、生産量が増えるため、自信のない学習者の言語レッスンの脅威を軽減することができます。
    • 学習者は、ゲームをするときにレッスンの言語以上のものを学びます。彼らは、ディスカッションやルール、時には交渉スキル、文化の違いのレッスンを通じて教育言語を学ぶかもしれません。
    • 学習者は、例えば、ある言葉を演じたり、他の学習者がそうするのを見たり、単語の手がかりを思い出したりするなど、ゲームをすることで、言語とのより多様な感情的なつながりを形成することができます。

    では、ゲームをプレイすることは学習者が言語を学ぶのに役立ちますが、ゲームをすることだけで十分なのでしょうか?一部の先生は、やる気のないクラスでゲームを使用することを好み、通常のアクティビティに取り組まず、ゲームで主要な語彙や構造を進んで使用し、気付かないうちに必要な練習を積んでいます。しかし、今日の言語学習の文脈では、それは良いことなのでしょうか?

    やる気のない人をやる気にさせる

    近年、多くの研究により、授業の意図や目的が明確になると、学習者はよりよく学ぶことが示されています。要するに、彼らは自分が何を学ぶべきか、そしてなぜ学ぶべきかを理解し、それを次のレベルに引き上げるとき、自分自身の学習を評価し、次のステップの計画に積極的に関与することができます。

    彼らがプレイするゲームが、実際には追加の言語練習を行う方法であることを知っていると、これらの学習者は参加しなくなるのでしょうか?意見は分かれており、実際の活動を中心に議論されているようです。グループワークのタスクが薄いゲームもありますが、適切な習熟度レベル(またはそれより少し高いレベル)で、文化的背景、利用可能な時間、学習トピック、教室の設定などの要素を考慮に入れたゲームは、一般的にプラスの影響を与えると考えられています。

    モチベーション向上に大きく影響するもう一つの要因は、学習者が受け取るフィードバックであり、これはゲームでもサポートできます。オンラインゲームは、より豊かな模擬学習体験と、さまざまな方法で学習者に即時のフィードバックを提供できます。

    とりわけ、やる気のない学習者の主な問題は、通常、なぜ英語を学ぶ必要があるのかわからないことです。ゲームをプレイすることは、「現実」の状況をシミュレートするだけでなく、英語を媒体として使用してさまざまなタスクを達成できることを理解するのに役立ち、それ自体がモチベーションになります。

    先生には、ゲームが学習者の学習にどのように役立つのか、なぜ役立つのかを説明する責任があります。 これは、ゲームをプレイすることは単なる無駄な時間の浪費であることを恐れている学習者(または親)も同様にやる気を起こさせることができます。たとえば、大人の学習者でさえ、簡単なhangmanやhot seat gameがスペリングスキルを向上させ、新しい単語の形と構造を認識することに脳を集中させ、新しい語彙の学習を促進することを知らせ、すぐに価値を理解するのに役立ちます(Simpson 2011)。

     

    ゲームは学習者が21世紀のスキルを習得するのに役立つか?

    ゲームが学習にプラスの影響を与えるという結論を導き出すことができるかもしれませんが、それだけで十分でしょうか? 今日の先生は、学習者が学ぶだけでなく、21世紀の生活や仕事に必要なスキルを身につけられるようにしなければなりません。ここでもゲームは役に立つのでしょうか?これは新しい研究分野ですが、ゲームは学習者が批判的思考スキル、創造性、チームワーク、優れたスポーツマンシップなど、さまざまな重要なスキルを学ぶのに役立つことを示す証拠があるようです。

    これらのアイデアは、2014年に初めてeスポーツ奨学金を提供したイリノイ州ロバートモリス大学によって真剣に受け止められました。彼らは、サッカー選手とゲーマーの2つのグループの学生を調査し、競争力、忍耐力、集中力、決意のレベルが非常に似ていることを発見しました。どちらのグループも、チームの一員として優れた能力を発揮したいという同様の願望を示しました。どちらの「スポーツ」でも、チームメンバーは細部にまで気を配り、手と目の協調性が高く、戦略的な思考を持っていることが求められました。唯一の違いは、心血管活動のレベルでした。両グループとも、コーチからパフォーマンス分析と戦術的アドバイスを受け、その後改善を行いました。

    このようなプログラムを提供し始める大学がいくつあるかは、まだわかりません。それでも、オンライン対戦ゲームがパフォーマンスを向上させるという考えは、職場にも持ち込まれています。バーチャルチームがロールベースのコラボレーションゲームをプレイすることで何を学ぶことができるかを考えてみましょう。チームメンバーは役割を設定し、目標を明確に共有し、緊密に連携してそれらを達成するためのアクションプランを策定する必要があります。チームワーク、スキル、戦略的思考、コミュニケーションが不可欠です。

    これらはすべて今日の職場にとって重要なスキルであるため、ゲームはリスクの低い環境でこれらを磨き、ビジネスパフォーマンスを向上させる機会を提供できるかもしれません。

    これらの例は明らかに標準からかけ離れていますが、教室での学習を支援するためにゲームを使用することは時間の無駄ではないことを示しているようです。ゲームと学習を適切に組み合わせると、学習者の自律的な学習スキルが発達し、課題により多くの時間を費やすようになります。

    若い学習者のための言語学習ゲームのアイデアが必要ですか?こちらの投稿を読んでください 若い学習者を教えるための5つの迅速で簡単なESLゲーム.