注目のウェビナーシリーズ

ウェビナーの録画を見る

ウェビナーリストの閲覧、タグを使用してのフィルタリング、
今後のウェビナーへの登録、または、過去のウェビナーの表示は
以下をクリック

今後のウェビナー

申し訳ありませんが、表示するウェビナーはありません。

ピアソンからのブログ

  • 会議室に微笑みながら座っている男女
    • テクノロジーと未来

    学習管理システムの究極ガイド

    投稿者 Pearson Languages

    学習管理システム(LMS)という用語は、職場や教育に携わる現場では聞いたことがあるかもしれません。多くの人にとって、コース教材を不器用に配布するような使いにくい不格好で時代遅れのシステムのイメージを持たせるものでしょう。 しかし、それはもはや事実ではありません。 最新のLMSは、はるかにユーザーフレンドリーであり、知っていると思っていたこれらのツールについて学びなおす時です。 

    この究極のガイドでは、学習管理システムについて知っておくべきことと、それらが非常に有益である理由を見ていきます。 

    学習管理システムとは?

    学習管理システムは、オンラインコースの作成、整理、配布に使用されるデジタルプラットフォームまたは サービスとしてのソフトウェア (SaaS)ソリューションです。 

    これらのLMSプラットフォームは、ユーザーがコースや学習教材を管理およびアクセスするための1つの中心的な場所を提供するという考え方です。ユーザーによっては、それは自分のペースで進められるeコースである場合や、教室でのトレーニングかもしれません。 

    これにより、さまざまなトレーニング、学習、スキル開発、評価、試験、認定管理が促進されます。 

    LMSを使用するのは誰で、その理由は?

    学習管理システムには多くの優れた用途がありますが、これらは主に企業や教育機関で使用されています。ここでは、これらのプラットフォームの最も一般的なユースケースをいくつか紹介します。 

    • 人事と管理 - 人事と管理チームは、学習と能力開発を支援し、組織の目標が達成されていることを確認するために、これらをビジネス全体に実装する場合があります。

    • 従業員のオンボーディング - 新しい仕事を始める人は、LMSを介してトレーニングを受けることができます。これにより、新人研修のプロセスがはるかに迅速かつ簡単になります。

    • コンプライアンス・トレーニング - 健康と安全に関するものなど、多くの役割でコンプライアンス・トレーニングが必要であり、これは企業が最新の情報を入手し、全員が規制に準拠していることを確認するための優れた方法です。

    • カスタマーサポート - 一部の企業では、学習管理システムを使用して顧客やクライアントに研修を提供しています。これには、ユーザーマニュアルや製品ガイドの共有が含まれる場合があります。また、営業担当者は新しいパートナーやクライアントがサービスやプラットフォームを使用するためのトレーニングにも使用できます。 

    • 教室での学習 - 講師と教師は、コース教材を作成して共有し、コンテンツとテストを1か所から調整できます。これらは、従来の教室での学習にひねりを加えるのにも有用です。 

    • ブレンド型学習 - 大学などの教育機関は、オンラインレッスンやブレンド型学習に使用可能で、特にリモートで学ぶ学生には有益です。

    • ボランティア・トレーニング - 慈善団体や非営利団体は、LMSを使用してボランティアを教育し、活動に対するモチベーションを維持することもできます。

    これらのプラットフォームは、そのた他の様々な方法で使用可能ですが、上記はLMSの最も一般的で有益な用途の一部です。 

    LMSにアクセスできるのは誰ですか?

    ほとんどの場合、学習管理システムには、管理者と学習者の2つの主要なユーザーグループがあります。  

    管理者は、eラーニングを作成、管理、および提供を担当します。これらのプラットフォームを使用して独自の学習教材をアップロードしたり、プロバイダーから提供された既存のリストからコースや教材を選択したりできます。

    一方、学習者は、これらのプラットフォームを使用してトレーニング、学習、および新しいスキルを習得する専門家または学生です。最近のLMSの多くは、トレーニングの受講や教材への複数アクセスが可能になっています。

    しかし、実際には上記で述べられていない3つ目のグループがあります。それは、特に授業時間外にLMSを使用している生徒の親です。場合によっては、保護者がこれらのシステムにアクセスして生徒をサポートしたり、進捗状況や教師からのフィードバックを確認したりする場合もあります。 

    最新のLMSの主な機能

    世の中にはさまざまな学習管理システムがあり、なかには他のものよりも高度なものもあります。とは言え、多くの最新のプラットフォームは競争力を維持するために同様の機能を有しています。

    これらの主な機能には、次のようなものがあります。 

     

    • 管理者が独自のコースをアップロードまたは作成できるオーサリングツール

    • 学習と能力開発に役立つ、対象分野の専門家へのアクセス

    • パーソナライズされた学習工程の作成を可能にする自動化されたワークフロー

    • ガイド、ビデオクリップ、コースなど、関連するすべての学習教材を有するリソースライブラリ

    • より楽しく魅力的な学習者評価のためのクイズと調査

    • コンプライアンス機能(再トレーニングの時期を学習者に通知する自動リマインダーなど)

    • 学習者が学習し、目標を達成する 際に認識を与える証明書と卒業証書

    • 個々の進捗状況と結果に関する洞察と分析により、管理者はギャップやサポートが必要な領域を特定できます。

    • 外出 先で勉強するためのモバイルデバイスとの互換性

    • 他の内部システムやソフトウェア との統合

    これは決して完全なリストではなく、プラットフォームが異なれば機能も異なります。ただし、これらは、多くの最新のLMSの最も一般的で有益な機能の一部です。

    学習管理システムを使用する利点

    時間とコストの節約

    LMSは、企業がトレーニングにかかる時間とお金を節約するための優れた方法です。 

    もちろん、プラットフォームへの初期投資は必要ですが、トレーニングは費用と時間がかかる可能性があります。職場以外の場所で行う必要がある場合は、特にそうです。 したがって、これはより費用対効果の高いソリューションになる可能性があります。 言うまでもなく、資料にすばやくアクセスでき、時間と労力を節約できます。 

    コンプライアンス研修の確実な実施

    これらのプラットフォームは、すべての必須トレーニングが時間どおりに最高水準で完了することを保証するための優れた方法です。たとえば、火災安全やサイバーセキュリティのトレーニングなど、業界固有のトレーニングです。 

    正確なデータの提供

    管理者は、従業員の学習に関するデータやインサイトにアクセスできます。これは、より多くのサポートが必要な場所を確認し、埋める必要のあるスキルギャップを特定するための優れた方法です。 同様に、教師は生徒の成績や、教科や分野で追加の支援が必要かどうかを把握できます。 

    学習体験の向上

    学校でも職場でも、LMSは学習プロセスを改善するための優れた方法です。これにより、ユーザーは1つのアクセス可能な場所から学習教材にアクセスして学ぶことができます。 さらに、マルチメディアを通じたアプローチでガイドやビデオなどを使用して、学習に役立てることができます。 そうすることで、生徒たちは教材に取り組み、モチベーションを維持することができます。 

    コミュニケーションの簡素化

    最後に、LMSは、学生、教師、従業員、雇用主間のコミュニケーションをはるかに簡単にします。たとえば、自動リマインダーにより、全員が最新情報を共有し、すべてのトレーニングが予定どおりに完了するようにします。 しかし、それ以上に、コミュニケーション、フィードバックの確認、同じ資料へのアクセスを一元的に行うことができます。  

  • 男と女が微笑みながら立っていた
    • 言語学と文化
    • 楽しみのためだけに

    6つの奇妙な英語フレーズ

    投稿者 Steffanie Zazulak

    以前のブログでは、理解しずらい奇妙な英語フレーズをいくつか紹介しました。 英語には、流暢な話者でさえも混乱させる可能性のある独特のフレーズがたくさんあります。今日の投稿では、レパートリーを増やすのに役立つそのようなフレーズをさらにいくつか見ていきます。

  • 本outisdeに書いている女性
    • 言語学習

    小説の執筆が英語力の向上にどう役立つか

    投稿者 Pearson Languages

    11月は、全国小説執筆月間。 英語力を向上させる絶好の機会です。 英語の習熟度を高める方法はいくつかありますが、小説を書くという方法はあまり知られていません。ですが、これは言語の理解を大幅に向上させることのできる素晴らしい方法です。語彙や文法を強化するだけでなく、ストーリーを作成することは、創造性を解き放つ、想像力に富んだ楽しい方法です。それでは、気晴らしで得られる利点のいくつかのことを見てみましょう。

    語彙を増やす

    小説を書くことで、自然に語彙を増やすことができます。物語を創作する際には、自分の考えを表現できる最適な単語を探す作業が必要になります。同義語を調べ、言葉のニュアンスを理解し、文章に深みと豊かさを与える新しいフレーズを考える。 Merriam-WebsterLongman English Dictionaryなどの Webサイトは、あなた自身の単語ツールキットを充実させることのできる優れたリソースです。

    文法と構文をマスターする

    文章を書くときは、文法と構文への深い理解が不可欠です。自分の考えを明確に表現するには、文法のルールを正確に駆使する必要があります。 GrammarlyPurdue OWLなどのプラットフォームは、文法スキルの向上に役立つ包括的なガイドとツールを提供しています。有用なリソースを定期的に参照することで、エラーを特定して修正し、文法構造の理解を深めることができます。

    作風を見つける

    小説を書くことは、ユニークな文体を身につける絶好の機会です。さまざまな語り口や書き言葉の修辞的技巧を試すことで、作家としての自分の声を発見できます。 WattpadScribophileなどのオンライン・ライティング・コミュニティは、コラボレーションとフィードバックの機会を提供し、協力的な環境で有益な批評を受け取り、ライティング・スタイルに磨きをかけることができます。

    読解力を向上させる

    素晴らしい小説を書こうと思うなら、あなた自身が読書家であることが必要です。文学の世界に飛び込むことで、あらゆる種類の文体に触れ、説得力のある文章を書くための晴らしいヒントを得ることができます。 Project GutenbergPearson PlusGoodreads などのWebサイトは、さまざまなジャンルや執筆テクニックを学ぶことのできる多数の文学作品を提供しています。このような経験は、読解力を高め、言語の微妙な違いを見極めるのに役立ちます。

    クリティカル・シンキング(批判的思考)を強化する

    首尾一貫した魅力的な物語を作成するには、批判的思考をおこなう技術が必要です。プロットの構築とキャラクターアークの複雑さをナビゲートするにつれて、自然とその力が身に付きます。 TED-EdKhan AcademyなどのWebサイトは、批判的思考スキルを磨くためのリソースを提供し、小説の執筆プロセスを通じて得られる認知的利点を補完しています。

    精神の状態を健康に保つ

    書くことは、教育的な観点だけでなく、複雑な感情や考えを整理して癒すという効果もあります。ストレスや不安を抱えていたり、困難な状況に直面している時は、物語を書くことで自分の考えや感情を整理し、心の外に出すことができるのです。ですから、楽しみながら感情や考えを処理する方法を探しているなら、あなたにとって小説を書くことは完璧なはけ口になるかもしれません。テクノロジーがなくてもできることなので、デジタル・デトックスとしても最適な方法です。 

    「小説を書く」ということには、創造性の解放、文法のブラッシュアップ、語彙の増強、独自の文体の開発、読解力の向上、そして批判的思考の強化が含まれています。利用可能なすべてのリソースを駆使し、可能な限りインスピレーションを得るようにしてください。クリエイティブ・ライティングは、絶え間ない改善と自己発見の旅です。考えてもいない自分に巡り合えるかもしれません。

    インスピレーションを求めている方は、英語力向上に役立つ素晴らしい小説9選、または、英語上達のための書籍:SFとファンタジー編。