注目のウェビナーシリーズ

ウェビナーの録画を見る

ウェビナーリストの閲覧、タグを使用してのフィルタリング、
今後のウェビナーへの登録、または、過去のウェビナーの表示は
以下をクリック

今後のウェビナー

ピアソンからのブログ

  • テーブルに座り、お互いを励まし合う同僚たち
    • テクノロジーと未来
    • 指導の傾向とテクニック

    2023年の振り返り: 振り返るべき語学学習のトレンドとツール

    投稿者 Pearson Languages

    2023年に別れを告げる準備をしている今、語学学習の現状と、この分野で人気が高まっているさまざまなトレンドや特徴を振り返る絶好の機会です。

    長年の経験を持つベテランの多言語学習者であろうと、語学学習を始めたばかりの初心者であろうと、ピアソンおよびそれ以降の語学学習における最新の開発と進歩について熟考し、評価する時間を取ることが不可欠です。では、見てみましょう。

    1. デジタル版語学学習プラットフォーム

    デジタル版学習プラットフォームは、人々が新しい言語を学ぶ方法を変えました。どこからでも学べる柔軟性と、AIを活用したインタラクティブなレッスンやパーソナライズされた体験により、これらのプラットフォームは言語愛好家に人気があります。

    Mondly by Pearsonは、最先端の音声認識技術と、流暢さを向上させ、ロボットではなく実際の話者で学習するために特別に作成された400時間以上のコンテンツにより、実際の言語没入に最も近いものであるため、ユーザー数の大幅な増加を目の当たりにしています。

    2.ゲーミフィケーション

    ゲーミフィケーションはしばらく前から存在していましたが、言語教育ではますます人気のあるトレンドになっています。今日、言語学習プラットフォームやアプリは、新しい言語を習得するプロセスをより楽しくやりがいのあるものにするために、ゲーム要素をプログラムに統合しています。

    インタラクティブなチャレンジ、ポイント、バッジは、学習者が学習プロセスにコミットし、進捗状況を追跡するためのモチベーションとして機能します。ゲーミフィケーションは定着し、学習にますます採用されているようです。

    3. GSL(Global Scale of Languages)の導入

    今年は、ピアソンの主力 Global Scale of Englishの進化版である GSLが発表され、多言語における学習者のスキルに関する比類のない洞察が提供されました。今年は、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語の4つの言語を提供し、さらに多くの学習者の言語の旅をパーソナライズするのに役立っています。

    4. 人工知能(AI)による個別学習

    2023年、言語学習におけるAI主導のパーソナライゼーションは新たな高みに達しました。 言語アプリは現在、機械学習アルゴリズムを使用して、個々の学習スタイル、長所と短所に基づいてカスタマイズされたレッスンを提供しています。責任あるAIツールは、授業計画、アイデアの創出、問題解決など、さまざまな方法で言語教育(および学習)を支援するために使用されてきました。

    このアプローチにより、学習者は効率と効果を最大化するカスタマイズされた学習経路をたどることができます。今年、 Mondly by Pearson は、リアルな学習体験を提供するAI会話パートナーである LUNA を発表しました。 Mondly by Pearson はこの分野で大きな進歩を遂げており、より多くのテクノロジー/AIベースの教育ツールの改善と開発を続けています。

    振り返ってみると、言語習得の未来はテクノロジー主導であり、常に進化していることは明らかです。没入型のバーチャルリアリティ体験、ゲーミフィケーションされた言語学習アプリ、AIの助けを借りてパーソナライズされた学習など、あらゆる学習スタイルに対応するツールがあります。

    時代を先取りし、2024年には言語学習にこれらの革新的なアプローチを採用することを検討してください。新しい言語アプリ、ゲーム、ツールを試したり、ソーシャルメディアでより多くの人をフォローしたり交流したりするだけでも、自分自身を驚かせることになるかもしれません。2024年を通して、 語学学習ブログ やソーシャルメディアで最新情報をお届けします。新年が幸せで成功をお祈りし、2024年にすべての言語目標を達成できますように。 

  • 2人のビジネスマンがパソコンの画面を見つめ、身振り手振りで微笑んでいる。
    • ビジネスとエンプロイアビリティ

    パフォーマンス管理戦略に言語学習が必要な理由

    投稿者 Pearson Languages

    現代の職場は常に進化しており、パフォーマンス・マネジメントのパラダイム・シフトが起きています。現在は、単に従業員に責任を負わせるだけでなく、継続的な学習と能力開発の文化を育むことに重点が置かれています。特に、チーム内の言語能力やコミュニケーション能力の向上に関しては、このシフトを優先することが重要です。

    英語スキルは従業員と企業の双方から高く評価されるため、パフォーマンス・マネジメントを語学学習の目標と結びつけることが重要です。

  • 教室で生徒のそばに立っている先生が笑顔で
    • 言語 ティーチング

    オンライン言語教育ツール:教育者のための包括的なガイド

    投稿者 Pearson Languages

    オンライン言語教育は、特に最近の世界的な変化に照らして、現代の教育の顕著な側面になっています。オンラインで言語を指導し、学ぶことができるようになったことで、教育者と学生の両方に新たな可能性が開かれました。

    オンライン語学教育におけるツールの使用の重要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。このデジタル時代において、これらのツールは効果的で魅力的な指導の要として機能します。学習体験を向上させ、交流を促進し、従来の教授法にはない貴重なリソースを提供します。

    デジタル言語教育の展望

    オンライン教育への移行

    情報へのアクセスと普及の方法を完全に変えたデジタル革命の結果、教育はオンラインで行われる方向に進んでいます。

    オンライン教育 には、次のようないくつかの利点があります。

    • アクセシビリティ: オンライン語学コースは地理的な障壁を打ち破り、世界中の学生が質の高い指導と教育にアクセスできるようにします。
    • 柔軟性: 学生は自分のニーズに合わせて学習スケジュールを調整できるため、教育は多様な学習者にとってより適応性の高いものになります。
    • インタラクティビティ: オンラインプラットフォームは、仮想教室、ビデオ会議、チャットツールなどの多数のインタラクティブ機能を提供し、学生と教師、およびピアツーピアの相互作用を強化します。
    • 豊富なリソース: オンライン言語教育は、膨大な数のマルチメディアリソースを活用できるため、学習がより魅力的で効果的になります。

    言語教育者にとっての課題

    オンライン教育への移行はチャンスをもたらす一方で、言語教育者が乗り越えなければならない次のような課題ももたらします。

    • 適応:先生方新しい教育方法、テクノロジー、プラットフォームに適応する必要があり、一部の人にとっては急な学習曲線になる可能性があります。
    • 婚約: オンライン環境で生徒のエンゲージメントを維持するには、創造的なアプローチとさまざまな教育ツールの統合が必要です。
    • アセスメント:生徒の進捗状況の評価はオンラインではより複雑になる可能性がありますが、革新的な評価方法の機会も提供します。
    • 技術的な問題: Connectivity の問題や技術的な不具合は、オンライン授業を中断する可能性があるため、教育者は技術に精通したトラブルシューティング ツールである必要があります。
    • 隔離: オンライン学習は生徒間の孤立感につながることがあるため、教育者はコミュニティとサポートの感覚を育む必要があります。

    必須のオンライン語学教育ツール

    魅力的で説得力のある学習体験を生み出すには、適切なツールが不可欠です。このセクションでは、教育者がオンライン言語教育を強化するために利用できるツールの主要なカテゴリについて説明します。

    インタラクティブなレッスンとアクティビティのためのツール

    • ビデオ会議プラットフォーム: これらのプラットフォームにより、生徒とのリアルタイムの交流が可能になり、教育者はライブレッスンを実施したり、ディスカッションに参加したり、グループ活動を促進したりできます。ビデオ会議は、教室での体験をオンラインで再現するのに役立ちます。Zoom、Microsoft Teams、Google Meetなどのプラットフォームは、ビデオ、オーディオ、チャットコミュニケーションの機能を備えた仮想教室環境を提供します。
    • インタラクティブホワイトボード: Jamboard や Microsoft Whiteboard などのツールを使用すると、教育者はリアルタイムでリソースを書き込んだり、描画したり、共有したりできます。この機能により、エンゲージメントが向上し、教育者は概念を効果的に説明できます。
    • スクリーンレコーダー: 画面録画 ソフトウェアを使用すると、教育者はレッスンをキャプチャできるため、ライブセッションを欠席した学生にとって非常に貴重です。録画されたレッスンは、生徒が自分のペースで学習する際の参考にもなります。
    • プロンプター:テレプロンプターツールは、教育者が録画されたレッスン中にスムーズで組織的な配信を維持するのに役立ちます。これにより、レッスンが事前に定義された時間枠内で順調に進み、指導の明確さと有効性が向上します。

    評価とフィードバックのためのツール

    • クイズと調査:Googleフォーム や Quizletなどのプラットフォームでは、教育者が生徒の知識を評価するためのオンラインクイズやアンケートを作成できます。
    • 課題提出ツール:Pearson English Connect (PEC) などの 学習管理システム (LMS) を使用すると、学生は課題を電子的に提出できるため、教育者は採点やフィードバックを簡単に行うことができます。
    • フィードバックフォーム: Google フォームと Microsoft Forms は、生徒のフィードバックを収集し、教育者が指導方法を改善するのに役立ちます。

    コンテンツとリソース作成のためのツール

    • ビデオ作成ツール: ビデオ編集ソフトウェアは、教育者が魅力的な教育ビデオ、講義、チュートリアルを作成できるようにします。このマルチメディアアプローチにより、複雑な概念を学生にとってより身近なものにすることができます。
    • ビデオコンプレッサー:ビデオコンプレッサーツールは、品質を損なうことなくビデオのファイルサイズを縮小します。これは、帯域幅が限られている場合でも、学生がビデオコンテンツに簡単にアクセスしてストリーミングできるようにする場合に特に役立ちます。

    オンライン言語ツールの実装方法

    オンライン言語ツールを効果的に実装することは、ダイナミックで成功する学習環境を作るために重要です。ここでは、これらのツールを言語教育に取り入れるためのベストプラクティスをいくつか紹介します。

    • 学習目標との整合性: ツールがコースの目的に沿っていることを確認してください。彼らは学習体験を向上させ、特定の教育目標の達成を支援する必要があります。
    • 教員養成: これらのツールを効果的に使用するための教育者のトレーニングに時間を費やしてください。ツールの特徴と機能に精通していることが不可欠です。
    • 明確な指示: ツールの使用方法に関する明確で簡潔な指示を提供します。チュートリアルやガイドを作成して、生徒が効果的に操作 できるようにします
    • アクセシビリティと包括性: 使用するツールとコンテンツは、障害のある学生を含むすべての学生がアクセスできることを確認してください。これは、 スクリーンリーダー の互換性やマルチメディアコンテンツのトランスクリプトの提供などの要素を考慮することを意味します。
    • 定期的なフィードバック: ツールの使用感についてフィードバックを提供するよう学生に促します。このフィードバックを使用して、改善と調整を行います。

    このガイドで説明するツールを探索し、それらを試して、教育方法をデジタル時代に適応させてください。好奇心旺盛で、順応性があり、イノベーションに対してオープンであり続けることで、オンラインの領域で可能な限り最高の言語学習体験を生徒に提供する準備が整います。ハッピーティーチング! 

    語学教育をレベルアップするためのヒントやアドバイスをお探しの先生方は、語学教育のブログ記事をご覧ください 。また、専門能力開発の機会もあります。